「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」…

「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」と断定しがちですが、現に、私達は様々な場面でストレスを感知するからこそ、生き延びることに耐えられるのです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭まって、血流が停止し、栄養や酸素を心筋に届けられず、筋肉細胞自体が壊滅状態になってしまう恐ろしい病気です。

緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こりや首のこりから来る肩こり頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい頭痛」「重くてたまらないような耐え難い頭痛と言われています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、要するに輪っかのような円い形状をした赤い色の湿疹や鱗屑など、皮膚症状の総合的な病名であって、その原因は正に多種多彩だということができます。

ポリフェノール最大の長所は水溶性のV.C.やトコフェロールなどとは違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を遅れさせる効果があるそうです。

骨を折って多量に出血した際は、急に血圧が下がって眩暈やふらつき、冷や汗、嘔吐感、失神などの不快な脳貧血が出るケースもよくあります。

最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、狭心症のみならず多様な疾病を誘引する可能性があるのです。

虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な治療法としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」という2種の治療が頻繁に活用されています。

「肝機能の衰退」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3つの値で判断することができますが、ここ数年の間に肝機能が悪化している人々が徐々に増加していると言われています。

クモ膜下出血(SAH)とはそのほとんどが脳動脈りゅうと言われる血管が変形してできる不必要なコブが破裂して出血することが原因となって引き起こされてしまう命にかかわる深刻な病気として認識されています。

耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別できますが、中耳の近くに様々なバイ菌やウィルスなどが付着し、炎症がみられたり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられるのです。

ご高齢の方や持病のある方などは、殊に肺炎を発症しやすくて治療が長引くというデータがあるため、常日頃から予防する意識や早めの処置が大切です。

世間では水虫といえばまず足を連想し、こと足指の間に現れる病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌がうつるのは足だけではないので、体の様々な部位に感染してしまうという危険性があるので注意してください。

子供の耳管の作りは、大人のそれと比較して太くて短くなっており、かつ水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。小さな子供がよく急性中耳炎になるのは、この作りが関わっています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。