「体脂肪率」というのは、全身の脂肪の占有している歩…

「体脂肪率」というのは、全身の脂肪の占有している歩合のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式によって把握できます。

かわって、2012年9月から原則無料で接種することができる定期接種になるので、小児科などの医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わります。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどがよく見られ、症状が進行すると、最悪の事態では心不全を併発することがあるようです。

汗疱状湿疹(汗疱)は主に手の平や足の裏又は指の間などに細かな水疱が出る病気で、普通はあせもと言われており、足裏に出ると足水虫と勘違いされるケースもままあります。

コンサートやライブなどの開催される施設やダンスを踊るためのフロアなどに置かれている大音量スピーカーの真正面で大音量を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷」と称しています。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染が原因の場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高熱も出るのが見分けるポイントです。

栄養バランスの取れた食生活や運動はもちろんのこと、心身双方の健康や美容を目的とし、食事の補助として様々な成分のサプリメントを飲用する事がまったく珍しくなくなってきていると言われています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という有機硫黄化合物について、肝臓が持つ解毒酵素の円滑な製造活動を助けているのではないかという真実が明らかになってきました。

現代のオペ室には、手洗い場や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を作り、手術中に撮影するためのX線装置を備えておくか、そうでなければ付近にレントゲン用の専門室を併設しておくのが常識となっている。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地表に達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を傷つけてしまうなど、皮膚に良くない影響を与えることになります。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も多い中耳炎で子どもによく発症する病気です。強烈な耳の痛みや38℃以上の熱、酷い鼓膜の炎症、耳漏(耳だれ)などのさまざまな症状が出現します。

鍼灸の鍼を体に刺す、というフィジカルな幾多の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われる要は電気信号の伝達を誘発するという考え方が浸透しています。

開放骨折によりかなり出血してしまった場合に、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血がみられる時があります。

虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が細くなり、血流が途絶えて、酸素や色々な栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞自体が壊死する大変恐ろしい病気です。

世界保健機関(World Health Organization)は、UV-A波の著しい浴び過ぎが皮ふ疾患を誘引するとして、18歳以下の人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する活動の禁止を各国に勧めています。

タマゴサミン amazon

SNSでもご購読できます。