「体脂肪率(body fat percentage…

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、身体のなかの脂肪の蓄積している%のことを言い、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という計算で確認できます。

吐血と喀血は口からの出血に変わりはありませんが、喀血は喉から肺に続いている気道(きどう)からの出血のことであり、吐血というものは十二指腸より上部の消化管から出血する症状のことを示しています。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの膨大な研究の結果、ワクチンの予防接種効果を期待できるのは、ワクチンを注射した日の14日後くらいから150日ぐらいということが分かっています。

2005年(H17)年2月から新しくトクホ(特保)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文言の明示が食品メーカーの義務となっている。

「とにかく時間がない」「無駄ないろんなお付き合いが苦手」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化になかなか付いていけない」など、ストレスを受けやすい因子はみんな異なります。

学校や幼稚園のような団体生活をしている中で、花粉症の症状のせいで他の皆と同様に外で思いきり身体を動かせないのは、本人にとってもさみしいことです。

日本における結核対策は、長年、昭和26年に生まれた「結核予防法」にならって行われてきましたが、平成19年から異なる感染症と一まとめにして「感染症予防法」に基づいて行われることとなりました。

アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れた4週間後、市場の80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に変更される薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は各国で採用されています。

常識的に水虫といえば足をイメージし、こと足指の間に現れる病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけではなく、全身どこにでもうつってしまう恐れがあります。

亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に作用する様々な酵素や、細胞・組織の生まれ変わりに深く関係している酵素など、200種類以上もの酵素を構成する成分として外せないミネラル分だといわれています。

下腹の痛みの元凶となる疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵管の疾患等が聞かれます。

チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータでは、体の大きな大人よりも体の小さな子どものほうが放出された放射能の害を受容しやすくなっていることが分かります。

自分で外から観察しただけでは骨折したかどうか分からない場合は、痛めてしまった所にある骨を優しく触れてみてください。その部位に激しい痛みを感じたら骨が折れている可能性があります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目覚めている覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張のキープ等)のに要る基本的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。

様々な花粉症の症状(水っぱな、鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが素因になって慢性の睡眠不足となり、翌朝目覚めてからの仕事内容に芳しくない影響を及ぼすことがあります。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。