「体脂肪率(body fat percentage…

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の身体の中の脂肪の溜まっている度合いのことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という計算式によって把握できます。

トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる機能が一際知られていると思いますが、それ以外に肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生産を抑えるということが知られています。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無くなってしまった後に市場に出回る、同一の成分で金銭的な負荷が小さい(クスリの価格の廉価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。

人の耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別することができますが、この中耳にばい菌やウィルスなどが付いて炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼びます。

基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で命を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張のキープ等)ために欠かせない最低限のエネルギー消費量のことを言うのです。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて煙草・アルコール・隠れ肥満などの生活習慣が悪化したこと、ストレス等によって、いま日本人に多く発生している疾患だといえます。

食事の際は、食べようと考えた物を気軽に口へ入れたら何度か咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後体は本当に健気に働き続けて食物を体に取り込む努力をしているのだ。

心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まってしまい、血液の流れが途切れ、酸素や大事な栄養を心筋に送ることができず、筋肉細胞自体が機能しなくなってしまう大変深刻な病気です。

軽い捻挫だろうと決め込んでしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置をした後少しでも早く整形外科の医師に診てもらうことが、快癒への近道に繋がるのです。

脚気(かっけ)の症状としては、手や足がしびれるような感覚があったり脚のむくみなどが一般的で、症状が進行してしまうと、最も重症のケースでは心不全などを発症する可能性があるのです。

常識で考えると骨折を起こさない位のごく僅かな圧力でも、骨の限定された個所だけに何度もひっきりなしに力が加わると、骨折へとつながることがあるので注意しなければいけません。

暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、多忙によるストレス、加齢というような多様な素因が融合すると、インスリンの分泌量が減ったり、機能が低下したりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病するのです。

下腹部の強い痛みを起こす病気の代表格として、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、卵巣の病気などがまず挙がるようです。

いんきんたむしという病気は20代~30代の男の人多く見られる傾向があり、ほとんどのケースでは股間の辺りだけに拡大し、激しく身体を動かしたり、風呂に入った後など身体が温まった時に猛烈な掻痒感に襲われます。

肝臓をいつまでも健康にキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が落ちないようにすること、つまり、肝臓のアンチエイジング対処法をできるだけ早く実行することが有効だと考えられます。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。