いんきんたむしというのは、医学上は股部白癬(こぶは…

いんきんたむしというのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と称されている、かびの一種の白癬菌が股部、陰嚢、尻などの場所に何らかの理由で感染し、定着してしまった病気の事で水虫のことなのです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、すなわち円い形をした紅っぽい発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふの病気の総合的な名前であり、素因は非常にいろいろだといえるでしょう。

めまいが起こらず、長く続く耳鳴りと低音域の難聴をいつまでも繰り返すタイプの事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という名前で呼ぶ事例もよくあります。

筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩こり、首こり、張りが因子の患者数が多い慢性頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重苦しいような酷い痛み」と言われることが多いようです。

肥満(obesity)の状態というのは言うまでもなく食生活の質や運動不足が素因ですが、量が等しいごはんであっても、短時間で終了する「早食い」を日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなります。

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3つの値で確認できますが、ここ最近では肝機能が減衰している人が微増しているということが判明しています。

アルコールを分解するという作用があるナイアシンは、苦しい二日酔いに大変有効です。ゆううつな二日酔いの誘引物質といわれるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の分解に携わっています。

アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引するような人体に対する有害物質を身体の内側で解毒し、肝機能を促進するような働きが確認されているのです。

衝突事故や高い所からの落下など、かなり強い力がかかった場合は、複数の位置に骨折が生じたり、複雑骨折となったり、酷くなると内臓が損壊してしまうこともあり得ます。

HIV、つまりエイズウイルスを持った精液や血液、母乳、腟分泌液、唾液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れると、感染する危険性が高くなるのです。

下腹部の疝痛を起こす主な病気には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵管の病気等が聞かれるようです。

気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、自殺企図など様々な症状が心身に現れます。

人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3か所に分けることができますが、この中耳の近くに黴菌やウィルスが付き、炎症が起こったり、液体が滞留する病気が中耳炎なのです。

鍼灸用のはりを痛みの発生源に刺す、というフィジカルな複数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名の電気信号の伝達を招くと考えられているようです。

杉の花粉が飛ぶ期間に、子どもが体温は平熱なのに頻繁にクシャミしたり水のような鼻水が止まってくれない状況なら、その子は杉花粉症の可能性が高いかもしれません。

タマゴサミン 電話番号

SNSでもご購読できます。