いんきんたむし(陰金田虫)とは、正式には股部白癬と…

いんきんたむし(陰金田虫)とは、正式には股部白癬という名称で、カビの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの場所にうつり、定着した病気の事で簡単に言うと水虫です。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや喫煙・お酒を毎晩飲む事・脂肪過多などの生活習慣が悪化したこと、ストレスに縁り、近年日本人に増加しているという疾患です。

比較的若い世代で結核菌に対抗する免疫、すなわち抵抗力を保持していない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のために診断が遅れることが主因のアウトブレイクや院内感染が増加傾向にあります。

肝臓をいつまでも元気に保持するためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低下しないようにする、要するに肝臓を老けさせない対策を地道におこなうことが有効でしょう。

肥満(obesity)の状態というのは無論摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが誘因ですが、一緒の量のごはんだったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」をすることにより体重過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。

下腹部の激しい痛みを主訴とした代表的な病気には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、卵管の病気など、様々な部位の病気が挙げられるようです。

道路事故や山での転落事故など、非常に強い負荷がかかった場合は、複数の位置に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、さらに重症の時は臓器が損壊することもままあります。

結核をもたらす結核菌は、菌に感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって室内に放出され、空気中でフワフワと浮いているところを別の誰かが呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染していくのです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)は輪状、つまりはまるい形状をした紅い発疹や鱗屑など、皮膚病の総称であり、因子は正に多種多様だといえます。

悪性の腫瘍である卵巣がんは、普通なら身体を癌から守る役割を果たす物質を作出するための鋳型ともいえる遺伝子の異常で発症する病気だというのは周知の事実です。

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が何も感じなくなったり下肢の著しいむくみなどがよく訴えられ、進行すると、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全なども起こす可能性があるようです。

過食、太り過ぎ、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、老化など様々な素因が混ざると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症します。

脳内にある5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みのブロック、器官の覚醒などをコントロールしていて、気分障害(うつ病)の患者では働きが減少していることが判明しているのだ。

めまいが確認できず、辛い耳鳴りと低音域の難聴だけを何回も繰り返すケースのことを「蝸牛型メニエール(メニエル)病」という病名で診断するケースも多いそうです。

骨折したことにより大量に出血してしまった場合、血圧が降下して目眩や冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などの様々な脳貧血症状が出てくる時があります。

タマゴサミン アマゾン

SNSでもご購読できます。