いんきんたむし(陰金田虫)は比較的若い男の人多く確…

いんきんたむし(陰金田虫)は比較的若い男の人多く確認され、ほとんどの場合は股間部にのみ拡大し、激しく体を動かしたり、お風呂上りのように全身が温まった時に強いかゆみを誘引します。

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、1週間もきちんと服薬すれば、一般的に8割~9割の患者さんの自覚症状は無くなりますが、そうは言っても食道粘膜の炎症反応が完全に引いたわけではないので注意が必要です。

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かなくても燃焼してしまうエネルギー量であり、大方を骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が消費しているということです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではなく覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の保持など)ために必ず要る基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。

肝臓を健康な状態に維持するためには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにする、つまり、肝臓の老化対策をできるだけ早く実行することが効果的だと言われています。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか感じられないという「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように他の人にも高性能マイクロホンなどを利用したりすると聞けるというタイプの「他覚的耳鳴り」があるそうです。

素人が外から見ただけでは骨折しているのかどうか分からない時は、違和感のある箇所の骨を優しく突いてみてください。もしその部分に強烈な痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことですが、喀血の方は咽頭から肺に達している気道から出血することで、吐血の方は十二指腸よりも上にある食道などの消化管から出血する病状を言い表しています。

物を食べる時は、食べたい物をなんとなく口に入れたら数回咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後も身体は実によく活動し続けて食物を体に取り込むよう努めている。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、山の杉や檜などの草木の花粉が素因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・鼻づまり・鼻みずなどの辛いアレルギー症状を発症させる病気として知られています。

AIDS(エイズ)とはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症であって、免疫不全となり些細な病原体が原因の日和見感染や悪性腫瘍を発症してしまう病状そのものの事を総称しているのです。

2005/02/01以降トクホ(特定保健用食品)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文言の明示が食品メーカーに義務付けられた。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低下させたり突然変異をもたらす人体に対する有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の機能性をより強化する働きが明らかになっているのです。

世間では水虫といえば足を想像し、中でも足指の間に現れやすい病気だと思われがちですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけに留まらず、人の体ならどの部分にも感染してしまう可能性があるので気を付けましょう。

強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間にあって緩衝材みたいな役割をする椎間板という名のやわらかい線維軟骨がはみ出た症状を指します。

タマゴサミン 胡散臭い

SNSでもご購読できます。