お薬やアルコール、科学的に合成された食品の添加物な…

お薬やアルコール、科学的に合成された食品の添加物などを酵素で分解し、無毒化する作用を解毒といい、多機能な肝臓が果たす非常に大切な働きの一つであることは間違いありません。

鍼灸用のハリを刺してもらう、という物体的な程よい多数の刺激は、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われるいわば電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかと言われています。

めまいは起こらないのに、不快な耳鳴りと難聴の症状を何度も繰り返す症例の事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」と診断する事があるのです。

基礎代謝というものは人間が何もせずに動かなくても使用してしまうエネルギーのことで、その50%以上を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・脳の3種類が占めるとのことです。

メタボリック症候群であるとは診断されていなかったとしても、内臓脂肪が多めに蓄積してしまう型式の体重過多を持っている事によって、命にかかわるような生活習慣病を引き起こしやすくなります。

老化による耳の遠さではちょっとずつ聴力が落ちていきますが、多くの場合は還暦過ぎまでは耳の悪さをしっかりと自認できないのです。

スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのせいで慢性の睡眠不足となり、翌朝起きてからのすべての活動に悪い影響を及ぼすかもしれません。

「時間がない」「面倒くさいいろんなお付き合いがすごく嫌だ」「テクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化に付いていくのが大変」など、ストレスが溜まるシーンは人によって違います。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在する血糖値に深く関与しているβ細胞が破壊されてしまい、あろうことか膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなってしまい発症に至るという自己免疫性のタイプの糖尿病です。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を招く人体に対する有害物質を体の中で無毒化し、肝臓のパワーをより良くする力が確認されているのです。

痩せたいがためにカロリー摂取を抑える、ほとんど食べない、こんなライフスタイルが必要な栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性をもたらすことは、多くの医療関係者が問題視されているのです。

耳の中の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に大別されますが、この中耳付近にばい菌やウィルスが付き、発赤等の炎症がみられたり、体液が滞留する症状を中耳炎と呼びます。

バイク事故や建築現場での転落事故など、著しく強い負荷が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が齎されたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、更には臓器が破裂することもよくあります。

30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学的に表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という病気のことを指します(日本においては40歳以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(POF)」と称します)。

日々の折り目正しい暮らしの維持、腹八分目の徹底、楽しい運動や体操など、アナログとも思える体に対する注意が皮ふの老化防止にも関係するということです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。