なんとなく「ストレス」というのは、「無くすもの」「…

なんとなく「ストレス」というのは、「無くすもの」「排除すべきもの」と判断しがちですが、実のところ、ヒトは大なり小なりのストレスを受けるからこそ、生き延びていくことができているのです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目が覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要る最も低いエネルギー消費量のことなのです。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果により、予防効果が見込まれるのは、ワクチンを注射した約14日後から約150日間ほどと考えられているのです。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・酒類・体重過多などのライフスタイルの質の低下、ストレスなどに縁って、今日本人に多く発病している疾患なのです。

近年患者数が増加している花粉症とは、多く植えられているスギや檜などの虫によって媒介されない花粉が誘因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を齎す病気だといえます。

前触れもなく発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染による急性腸炎の場合は酷い腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高い発熱が見分けるポイントだといえます。

乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わる新しい手段として、平成24年9月1日より原則無料で受けられる定期接種集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりますのでご注意ください。

緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝りや首こり、張りが要因の最も一般的な頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛さ」「ドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と表現されることが多いようです。

体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、過度の痩身ではこんな体調を整えるために外せない重要な栄養分までも欠乏させている。

陰金田虫というのは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言われており、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部分に何らかの理由で感染してしまい、棲みついてしまう病気の事で簡単に言うと水虫です。

今、若い世代で感染症の一種である結核に抗えるだけの抵抗力、すなわち免疫力の弱い人々の割合が高くなっていることや、自己判断のために診断が遅れることが素因の集団院内感染(アウトブレイク)が多くなっています。

塩分と脂肪分の摂取過多を控えた上で続けられる運動に励み、ストレスを溜めすぎないような暮らしを心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を未然に防止するポイントだといえます。

3つのアミノ酸からできているグルタチオンには、細胞の機能を鈍化させたり突然変異をもたらす人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で解毒し、肝臓の動きをより強化する動きが分かっています。

人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けられますが、中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどがうつることで炎症が発症したり、体液が溜まる病気を中耳炎と呼んでいます。

トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる働きが最も認知されていますが、加えて肌を美しくする作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。