ふと気が付くと肘をついて横向きになったままテレビを…

ふと気が付くと肘をついて横向きになったままテレビを見つめていたり、頬に頬杖をついたり、かかとの高い靴等をいつも履くという習慣的なことは体の左右の均衡を悪化させる原因となります。

健康を推進する世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の浴び過ぎが皮ふ病を誘引する可能性が高いとして、19歳未満の人が肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を先進国に勧めています。

食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、精神的なストレス、加齢といった複数の誘因によって、インスリン分泌が減少したり、機能が落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病します。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無効になった後に発売され、まったく同じ成分で金銭的な負担の小さな(代金の安価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

2005年2月1日以降新しく特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の文言を表示すること各メーカーに義務付けられている。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人の体内の脂肪の占有する度合いのことで、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キログラム)×100」というシンプルな計算式で求めることができます。

ハーバード大学医学校の調査によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2~3杯のカフェイン抜きのコーヒーを飲用することで、直腸癌の危険性を半分も減らせたらしい。

結核対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」に拠って進められてきましたが、56年後の2007年からは他の数多ある感染症と供に「感染症予防法」という名前の法律に従って行われる運びとなったのです。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康でも現れることがあるため重大な病とは限らないのですが、短い期間で発作が続けて起こる時は危険です。

現在、若い世代で長期間咳が続く結核の免疫、すなわち抵抗力を持たない人々が増加していることや、早合点のせいで受診が遅れることが素因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増加傾向にあります。

めまいは診られないのに、長時間続く耳鳴りと難聴の症状を何度も繰り返す症例を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」と診断するような症例があることは意外と知られていません。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂の分泌異常が誘因で生じる湿疹で、分泌がおかしくなる要因としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の慢性的な不足などが関わっています。

もう歯の表面を覆っている骨を減らすまでに酷くなってしまった歯周病は、悲しいことに症状そのものが安定したとしても、エナメル質が元通りに戻るようなことは有り得ません。

一般的には骨折に至らない位のごく小さな圧力でも、骨の限定された部位だけに何度も繰り返し続けて力が加わってしまうことにより、骨折してしまうことがあるので油断できません。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌される解毒酵素そのものの製造活動を助けているのではないかという事がわかってきたのです。

タマゴサミン iha

SNSでもご購読できます。