めまいが診られず、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を…

めまいが診られず、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症する症例を区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」という名前で診断するケースも多いようです。

ハーバード大学医学校の調べによると、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上のカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸がんの発生率を半分も減らせたということが明らかになっている。

最も大きな内臓である肝臓に脂質やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や脳梗塞などの色んな合併症を誘引する可能性があります。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は比較的若い男の人患者が多く、大抵の場合は股間の辺りにのみ拡大し、激しく身体を動かしたり、お風呂上りのように体が熱くなった時に激しいかゆみに苦しみます。

期外収縮は、健康体にも症状が現れることがあるためさほど難しい心臓疾患とは限らないのですが、短期間で発作が次から次へと出る場合は危険だといえるでしょう。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経の調節や痛みの鎮静、様々な分泌物質の覚醒などを操作しており、気分障害(鬱病)の人は作用が落ちていることが明らかになっている。

H17年2月以降新しく特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の一文の明記が各メーカーに義務付けられている。

高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、数多くの研究の成果によって、予防の効用を見込めるのは、ワクチン接種を受けた約2週間後からおよそ5カ月間程と考えられているのです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、すなわちまるい形をした紅っぽい湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総合的な病名であって、理由は非常に多種多様ということで知られています。

汗疱というのは手のひらや足裏、指と指の間などにブツブツの水疱が出る病気で、通俗的には汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出てくると水虫と間違われる場合が結構あります。

現在のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、手術準備室を備え付け、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を準備しておくか、そうでなければ近距離にX線装置のための専門室を併設するのが慣例だ。

男性だけにある前立腺という臓器はその成長や活動に雄性ホルモンが大変深く関係し、前立腺に発現してしまったガンも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)の働きによって大きくなってしまうのです。

スギの木の花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、小児が平熱なのにしょっちゅうクシャミしたり水っぱなが止まる気配をみせない時は、もしかしたら『スギ花粉症』かもしれないのです。

PC画面の光のチラつきを和らげる専用眼鏡がすごく人気をはくしている要因は、疲れ目の消失にたくさんの方々が興味を抱いているからでしょう。

ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間で緩衝材みたいな役目をしている椎間板という名前のやわらかい組織が突出してしまった様子のことを称します。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。