アルコール、薬、合成着色料を始めとした食品の添加物…

アルコール、薬、合成着色料を始めとした食品の添加物などの物質を分解し、無毒化する作用の事を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓の果たす最も重要な活動の一つだということは間違いありません。

吐血と喀血は両方とも血を吐くことですが、喀血の方は咽頭から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血する状態で、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある食道などの消化管から血が出ることを表しているのです。

トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる効果が殊に認識されていますが、更に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが言われています。

明るくない所だと光量が不足して見るのが難しくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが利用され、結果的に日の差す所でモノを見るよりも疲れるのが早くなるといえます。

汗疱状湿疹とは主に掌や足の裏、指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱ができる皮膚病で、大抵は汗疹(あせも)と言われ、足裏に出現すると水虫と思い込まれることも多くあります。

ロックミュージシャンのコンサートの施設や踊るためのクラブハウスなどに設けられた巨大なスピーカーの真ん前で大きな音を浴びて耳が聞こえづらくなってしまうことを「ロック外傷」と言っているのです。

PCモニターの小さなちらつきを抑える効果のあるPC専用の眼鏡が最も人気を博しているのは、疲れ目のケアにたくさんの方が努めているからだと言えるでしょう。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を予防する作用に優れています。

抗酸菌の結核菌は、感染した人が「せき」をすることによって空間に排出され、空中にフワフワ漂っているのを別の誰かが吸い込むことでどんどん拡がっていきます。

健康を推進するWHOは、有害なUV-Aの度を越した浴び過ぎは皮膚疾患を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロを使用する行動の禁止を各国に提案しています。

肥満(obesity)というのは前提として摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が主因ですが、同量の食事であれ、あっというまに食べ終わる「早食い」を日常化することで脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなるようです。

内臓脂肪症候群であるとは断言されていなかったとしても、臓器に脂肪が溜まりやすい性質の悪い体重過多を持っているということで、命にかかわるような生活習慣病に罹患しやすくなります。

ストレスがかかり、蓄積していく論理や、手軽で効果的な抗ストレス方法など、ストレスに関して正確な知識を保持している人は、まだ少ないようです。

一見すると「ストレス」は、「無くさなければいけない」「除外すべきもの」ものと考えがちですが、現に、私たち人間はこうしたストレスを受けているからこそ、生活することが可能になります。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、3~4日きちんと処方薬を飲めば、一般的に9割近くの人の自覚症状は消えてなくなりますが、そうは言っても食道粘膜の発赤や炎症が完全に治癒したことを意味しないので留意してください。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。