エイズというのはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHI…

エイズというのはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染によって引き起こされるウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至って些細な細菌などによる日和見感染や癌などを複数発病する病状のことを指し示しています。

暗い場所だと光不足のため見辛くなりますが、より瞳孔が開くため、眼球のレンズのピントを合わせるのに不必要なエネルギーが使われ、日の差す場所でモノを眺めるよりも疲労が大きくなるのです。

500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂質やコレステロールが蓄積した脂肪肝(fatty liver)という病気は、糖尿病を始めとした多様な疾患の合併症を起こすかもしれないのです。

もう歯の表面のエナメル質を浸食するまでに酷くなってしまった歯周病は、あわよくば進行具合そのものが落ち着いたとしても、失った骨が元の量に復元されることはまずありません。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caの吸収を助長することで知られていて、血中の濃度を調節して、筋繊維の動きを操作したり、骨を作ったりしてくれます。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果では、体の大きな成人よりも体の小さな子供のほうが拡散した放射能の有害な影響を一段と受けやすいことが分かります。

吐血と喀血、いずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とは喉から肺を通る気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血というものは十二指腸より上部の消化管からの出血のことを示しています。

「あまりにも多忙だ」「面倒くさい様々な付き合いがとても嫌だ」「先端技術や情報のハイレベルな進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスが蓄積される主因は十人十色です。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く酵素や、細胞もしくは組織などの代謝に必要な酵素など、200種類以上もある酵素の構成要素として絶対なくてはならないミネラルなのです。

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間にある緩衝材みたいな役目を果たしている椎間板(ついかんばん)という柔らかい円形の線維軟骨がはみ出た様子のことを指しています。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目が覚めている覚醒状態で生命を保っていく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに必要な理論上の最低限のエネルギー消費量のことを指しています。

酒類に含まれるアルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、辛い宿酔に極めて有効です。不快な宿酔の誘因物質だといわれている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングにも関わっているのです。

急性中耳炎は、最も多い中耳炎で小さな子どもによくみられます。耐え難い耳の痛みや熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が発生します。

骨を折ってかなり出血した際、低血圧になって目眩や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などのいろんな脳貧血の症状が見られる場合もあります。

陰金田虫は20~30代の男の人多く、基本的には股間の周辺だけに拡大し、激しい運動をしたり、風呂に入った後など全身が温まると強烈な痒みを引き起こします。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。