コンサートやライブなどの開催されるスペースやクラブ…

コンサートやライブなどの開催されるスペースやクラブなどに据えられている大音量スピーカーのすぐ近くで大きな音を聞き続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害」と言っています。

ブラッシングで、本人がセラピーアニマルのことを可愛らしいと思うことによって「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレス軽減や精神の癒しなどに繋がります。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、約1週間きちんと服薬すれば、一般にほとんどの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、さりとて食道粘膜の炎症自体が快癒したことを意味しないので留意してください。

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれに比べて幅がある上に短い形で、尚且つほぼ水平になっているため、様々な細菌が入りやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関わっています。

現在の手術室には、御手洗いや器械室、手術準備室(operating preparation room)を用意させ、オペ中に撮影できるX線装置を用意するか、付近にX線用の専門室を設置しておくのが常識となっている。

亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に関わる様々な酵素や、細胞や組織の活動に関わる酵素など、200種類以上もある酵素を構成する成分として非常に重要なミネラルの一つなのです。

めまいは無いのに、強い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何回も発症するタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」という名前で呼ぶ症例があることは意外と知られていません。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンにかわり、厚労省が接種を推奨する定期接種として導入されるので、集団接種ではなく病院などの医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種のスタイル

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの草木の花粉が素因となって、クシャミ・皮膚の痒み・微熱・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を発症させる病気だと広く知られています。

ばい菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物、即ち病原体が肺へ忍び入り伝染し、左右いずれかの肺が炎症反応を呈示している病状を「肺炎」と呼ぶのです。

内臓が脂肪過多になっている肥満が診られ、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に合致する様子を、内臓脂肪症候群というのです。

万が一検査で現実問題としてエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かったら、その女性ホルモンを補充するような処置などで緩和できます。

痩せたいあまりに摂取カロリーの総量を抑える、食事を飛ばす、といった暮らしを続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを誘引していることは、多くの医師が危惧されていることです。

陰金田虫(いんきんたむし)は20~30代の男性多く見られる傾向があって、大抵は股間部だけに広がり、走ったり、風呂から上がった後など身体が熱くなった時に激しいかゆみがあります。

吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺へと至る気道から出血することであり、吐血というものは十二指腸よりも上にある消化管から出血する病状を表しているのです。

タマゴサミン 効果なし

SNSでもご購読できます。