ジェネリック医薬品(generic drug)とい…

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が切れてしまった後に売られ、新薬に等しい成分で負担を少なく抑えられる(クスリの価格が安価な)後発医薬品のことをいいます。

下腹部の疼痛の元凶となる主な病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性性器の疾患などが真っ先に挙がるようです。

ストレスが溜まっていく経緯や、手軽で有効な抗ストレス方法など、ストレス関連の正しい知識を保持している方は、さほど多くはありません。

抗酸菌の結核菌は、人間が咳き込むことによって外気や内気の中に放り出され、空中にふわふわ浮かんでいるのを誰かが吸い込むことで感染していきます。

BMIを計算する式はどの国でも等しく同じですが、数値の評価レベルは国家ごとに少しずつ異なり、JASSOではBMI値22が標準、25以上を肥満、18.5未満を低体重と位置付けています。

最大の内臓である肝臓に脂質やコレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や糖尿病に始まるいろいろな疾患を誘引する可能性があるのです。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか感じられないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人以外の人にも高品質なマイクロホンなどを利用してみると聞こえてくるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」があるのです。

年齢を重ねることが原因の耳の聞こえにくさにおいては少しずつ聴力が落ちていきますが、一般的に60歳くらいまでは聴力の老化をはっきり自認できないものです。

急性中耳炎は、最も患者数の多い中耳炎で幼い子供に発症しやすい病気です。強い耳痛や38度台の発熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などの様々な症状が現れるのです。

内臓に脂肪が多い肥満が確認され、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに合致する状態を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼んでいます。

トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる作用が特に知られていると思いますが、他に肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの産出を抑えたりするということが言われています。

薄暗い所だと光不足で見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーがかかってしまい、日の差す場所でモノを見るよりも疲れるのが早くなるのです。

脂肪過多に陥っている肥満は言うまでもなく食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が因子になっていますが、量が等しいごはんであったとしても、あっというまに終了する「早食い」を続けていれば体重過多に陥っている肥満を招きやすくなるということが明らかになっています。

通常は水虫といえば足を想像し、こと足指の間にできやすい病気として知られていますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらず、全身どこにでも感染してしまうという可能性があるので気を付けましょう。

肝臓を健康な状態に維持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が低下しないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対処法を実践することが効果的だと言われています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。