ストレスが蓄積してしまうシステムや、便利なストレス…

ストレスが蓄積してしまうシステムや、便利なストレス緩和策など、ストレスについて深い知識を勉強している人は、そんなに多くはありません。

緊張型頭痛というのはデスクワークなどでの肩こりや首筋の凝り、張りから来る最も多いタイプの頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重たいような鈍い痛さ」と表現されています。

「時間に追われているように忙しい」「気を遣う付き合いが多すぎる」「テクノロジーや情報のめざましい高度化に付いていくのが大変」など、ストレスが蓄積される場面は一人一人異なります。

自動車事故や山での転落など、とても大きな力がかかった場合は、複数の箇所に骨折が齎されたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の場合は内臓が破裂することもままあります。

目と目を合わせることなどで、被介護者がセラピーキャットのことを可愛いと思う時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレス緩和や癒しに繋がっているといわれています。

前立腺は生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に大きく関連していますが、前立腺に発現してしまったガンも同じく、アンドロゲン(雄性ホルモン)に刺激されて肥大化してしまうのです。

World Health Organizationは、有害なUV-Aの無理な浴び過ぎは肌に健康障害を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を世界中に勧めている最中です。

学校や幼稚園等の大勢での集団生活をするに当たって、花粉症の症状が原因でクラスのみんなと同様にエネルギッシュに身体を動かせないのは、患者本人にとってもさみしいことです。

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる物質が、肝臓が持つ解毒酵素の機能的な生産活動をサポートしているかもしれないという可能性がわかってきたのです。

針を気になる所に刺す、という物理的な程よい刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名のいわば電気信号の伝達を引き起こすのではないかと言われています。

内臓脂肪タイプの肥満が診られ、脂質(lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2~3項目一致するような様子を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼ぶのです。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症などのいろんな健康障害の合併症を招く可能性があるのです。

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較して幅が広くて短い形で、なおかつ水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、これが原因です。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査によれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上のカフェインの除去されたコーヒーで代用すると、あの直腸がんの罹患リスクを半分以上減らせたそうだ。

もし婦人科の検査で現在エストロゲンなどの分泌量が基準値よりも足りず早発閉経(そうはつへいけい)だと分かったら、足りていない分の女性ホルモンを補充するような処置等で緩和できます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。