タマゴサミンのiHA「卵黄由来ペプチド」とは

タマゴサミンにはiHA(アイハ)という成分が含まれています。
iHA(アイハ)卵から抽出された卵黄ペプチドです。iHAには、体内でのヒアルロン酸の生成を促進する働きがあります。ここでは、ペプチドとペプチドの種類ついて解説し、その中でiHAの効果についてお伝えしていきます。

ペプチドとは

ペプチドは、タンパク質を分解したものになります。ペプチドをさらに分解していくとアミノ酸になります。
大きさは、たんぱく質 > ペプチド > アミノ酸 となるにつれて小さくなります。
呼び分けの基準は、

  • たんぱく質:アミノ酸の結合が50個以上のもの
  • ペプチド:アミノ酸の結合が50個未満のもの

となります。
ペプチドの中でも結合するアミノ酸の数で呼び方が変わります。

  • ジペプチド:2個のアミノ酸が結合
  • トリペプチド:3個のアミノ酸が結合
  • テトラペプチド:4個のアミノ酸が結合
  • オリゴペプチド:5〜10個程度のアミノ酸が結合
  • ポリペプチド:10〜50個程度のアミノ酸が結合

となります。
ペプチドを摂取する利点は、たんぱく質よりも小さいため、体内で吸収する効率が良いこと。
アミノ酸より大きいため、摂取した栄養が血液で循環する時間が長く、体内での吸収効率が高く、効果が長続きします。
栄養素を摂取する上で、たんぱく質とアミノ酸のいいとこ取りをしている優れた分子です。

ペプチドは、分解する元になる食品やたんぱく質の種類によって効果・働きが異なります。
それぞれの元となるものによって名称が異なります。
補給したい栄養や、自身の体の悩みに応じて適したペプチドを摂取するのが望ましいですね。

ペプチドの種類について

どのような種類のペプチドがあるのでしょうか。種類とそれぞれの効果を見ていきましょう。
現在でも、各研究機関で新しいペプチドの開発が行われています。ここでは、代表的なペプチドを紹介していきます。

    • 大豆ペプチド

大豆のたんぱく質を分解し作られたペプチドです。大豆のたんぱく質が筋肉に作用し、筋力増強、疲労回復、ダイエットなどに効果があるとされています。

    • イワシペプチド

イワシの筋肉たんぱく質を分解して作られたペプチドです。血流の流れを良くし、高血圧や肩こり・冷え性予防に効果があるとされています。

    • 魚肉ペプチド

魚肉のたんぱく質から作られたペプチドです。体内で必要以上に生成された活性酸素を除去します。除去により、生活習慣病の予防・改善が期待できます。

    • ホエイペプチド

乳から作られるペプチドです。筋トレなどで通常飲まれるプロテインより吸収効率が良いため、筋肉の増強と回復効果が高いと注目されています。

このように、原料となるたんぱく質により様々な効果の違いがあるのがペプチドの特徴です。
吸収効率が従来のたんぱく質よりも良いため、サプリメントなどの健康食品にも積極的に取り入れられています。

卵黄由来ペプチドとは

ペプチドは、元となる食品やたんぱく質によって効果が異なります。それでは卵黄由来ペプチドにはどんな効果があるのでしょうか。
iHA(アイハ)「卵黄ペプチド」はその名の通り、卵の卵黄のたんぱく質を分解して生成されたペプチドです。
タマゴサミンの開発元である株式会社ファーマーズ(たまご基地)の研究所が、卵のメカニズムに注目して開発しました。
卵は孵化して鶏のひなになるまで約21日という短い期間で行われます。この生命の誕生までの時間の短さに注目したのです。

iHAは、ヒアルロン酸の生成と細胞を増殖を促進させる効果のある成分です。
ヒアルロン酸は、多くの水分を含み体内の潤いを与えています。
特に関節では、血管がないため、血液が水分を運んでくれません。そのかわりとして、ヒアルロン酸が機能しており関節の健康に欠かせないのです。
年齢とともに体内でのヒアルロン酸の生成量は減少します。
iHAは、関節軟骨の細胞の増殖を促進する効果も有していると研究により判明しました。
軟骨も加齢やスポーツにより磨耗していきます。

もし、関節に不安があるならば、様々なペプチドの中でもiHA(卵黄ペプチド)を摂取するのが望ましいです。

以上、『タマゴサミンのiHA「卵黄由来ペプチド」とは』でした。

タマゴサミンについてのもっと詳しく

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*