タマゴサミンの成分「グルコサミン」とは

タマゴサミン関節クッション成分以前、「ぐるぐるグルコサミン」のインパクトのあるコマーシャルで一躍有名になった「グルコサミン」をご存知の方も多いと思います。ここでは、グルコサミンの体内での役割と効果的な摂取方法を解説していきます。

グルコサミンの役割

私たちの体をスムーズに動かすために、関節軟骨というものが骨と骨との間にあります。
軟骨は歩いたり膝や肘を曲げたりする際に、骨と骨とがぶつかるのを防ぐクッションとしての役割を持っています。
関節軟骨は、関節をショックから守る、関節のスムーズな動きを助けるのに欠かせない部位になります。
ですが、軟骨は加齢や運動によって磨耗していきます。原因は、加齢によって軟骨の細胞を増やすのに必要な成分の体内での発生量が落ちること、運動によって軟骨への負荷やショックの蓄積によるものです。
改善策としては、軟骨細胞の生成に必要な成分を摂取することがあります。食品でも摂取ができるのですが、食品だけでは補いきれない分はサプリメントで摂取するのが効率的です。

グルコサミンの関節への働きは主に、

  • 軟骨の磨耗の抑制や損傷の補修
  • 関節痛や変形性関節症の腫れや痛みの軽減および改善
  • 軟骨芽(が)細胞と呼ばれる骨を作り出す細胞を活性化し軟骨の生成を促進
  • 体内でプロテオグリカン(たんぱく質の一種、軟骨のクッションの役割を持つ成分)を生成するために必要

などがあります。
関節以外にも体内で、血小板が凝固するのを防いだり、細胞の炎症を抑える働きがあります。

グルコサミンは、体内で自然と作られている成分です。しかし、加齢によって体内での生成量が減るという特徴があります。
体内でのグルコサミンの生成量が減ると軟骨の再生や修復が不十分になるため、磨耗しやすくなり、関節痛の原因になります。

効果的な摂取方法

グルコサミンは、甲殻類(エビやカニ)の殻に多く含まれています。ですが、なかなかグルコサミンを摂りたいからと言って殻をたくさん食べるのは難しいですよね。
適量を定期的に摂取するのが難しいグルコサミンは、サプリメントでの摂取が適しています。
しかし、サプリメントでグルコサミンを取ったとしてもすぐ関節の痛みがなくなるわけではありません。じっくり腰を据えて飲み続ける習慣を作ることが大切です。

グルコサミンは、関節軟骨を健康に保つのにとても重要な成分です。加齢によってだけでなくスポーツでも関節の多い方は関節痛に悩んでいると思います。残念ながらサプリメントでグルコサミンを摂取しても、すぐ治るというものではありません。しかし、継続していかなければ悪くなる一方です。不安を感じたらサプリメントを始めてみることをお勧めします。

以上、『タマゴサミンの成分「グルコサミン」とは』でした。

当サイト管理人のタマゴサミンのレビューはhttp://www.monparfaitvanity.com/