タマゴサミンの成分「コラーゲン」とは

関節軟骨-クッション成分
お肌をプルプルにすると有名なコラーゲン。すっぽんやフカヒレなどのゼラチン質を想像して見た目にもお肌に良さそうですよね。
現在では、世間に定着してきているコラーゲンですが、実は関節痛にも有効な成分なのです。
ここでは、なぜ関節に良いのかコラーゲンの詳細を説明しています。

コラーゲンの役割

コラーゲンは、たんぱく質の一緒です。
人間の体は、

  • 水:約60パーセント
  • たんぱく質:約20パーセント
  • 脂肪:約15パーセント
  • 残りは無機質

で構成されています。
コラーゲンは、体内のたんぱく質の約30%を構成している大変重要な成分になります。

個人差はありますが、コラーゲンは体内の中で、

  • 皮膚:約40パーセント
  • 骨および軟骨:約10〜20パーセント
  • 血管:約7〜8パーセント
  • そのほかは内臓などの人体の各部位

程度の割合で分布しています。
体内でコラーゲンは表皮の細胞同士を繋げる役割を果たしています。
関節においては、関節軟骨の老化を予防するはたらきがあると言われています。
これは、コラーゲンがヒアルロン酸の生成を促進することにとり散骨細胞の変形を抑制することによるものです。これにより関節の動きが滑らかになると期待されています。

効果的な摂取方法

以前、コラーゲンはテレビやインターネットで摂取しても意味がないプラシーボ効果だなどと言われていました。これは、化粧品などの販売目的でコラーゲンの効果が実証されないままに宣伝として使用していたことによるものだと考えられています。
しかし、最近ではコラーゲンにまつわる研究も進んでおりコラーゲンに対する考え方も進歩しています。

コラーゲンはたんぱく質の一部です。たんぱく質の中でも、アミノ酸を多く含むたんぱく質を一緒に摂るとより、コラーゲンの生成が活発化します。

コラーゲンは、年齢とともに減少していきます。
コラーゲンを多く含む食材には、

  • フカヒレ
  • 軟骨
  • 鶏皮
  • 脂っぽくない赤み肉の牛すじ
  • 豚の細切れ

などに多く含まれています。
摂取した際には、同時にビタミンCを摂ると効果が高まります。
※タマゴサミンにはビタミンCが含まれています。

しかし、脂肪の高い食事(揚げ物など)や糖分を多く摂るとコラーゲンが変性してしまい、弾力やハリが失われてしまうので注意が必要です。
コラーゲンはとても注目度の高い成分で、今後も様々な研究機関によって効果や成果が実証やさらなる新成分に開発が進んでくると思います。
ますます健康にとって見過ごせない存在となってくるはずです。

以上、『タマゴサミンの成分「コラーゲン」とは』でした。

タマゴサミンについての当サイトのレポート

SNSでもご購読できます。