タマゴサミンが生成を促進するヒアルロン酸とは

美容成分として、化粧品にも含まれていることが多いヒアルロン酸は関節痛にも効果があるとされています。ヒアルロン酸の効果と摂取方法について紹介していきます。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、乾燥した肌に潤いを与える成分として有名です。
皮膚は体の表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織と分かれています。ヒアルロン酸は、皮膚の真皮に存在しています。肌を中心に眼、脳、軟骨などに存在しています。

ヒアルロン酸には高い保水力があり、体の潤いと弾力性を保つ役割があります。
ですので肌においては、保湿効果、たるみやシワの予防の効果があります。

本来だと、体で生成されているのですが、加齢によって量が減少してしまいます。ばらつきはありますが、30〜40代から急激に体内のヒアルロン酸が減少します。

関節への働き

ヒアルロン酸は、関節軟骨の水分を保持し、弾力性と柔軟性と保ちます。これにより関節のスムーズな動きを助けます。
加齢により減少すると関節痛の原因になります。同じく関節の健康を維持するのに必要なグルコサミンやコンドロイチンも加齢により体内での精製量が減少します。サプリメントを摂取する場合にはこれらも含まれている製品を選ぶと良いでしょう。

摂取方法

ヒアルロン酸は、分子量が大きいため口から摂取してもあまり効果がないとされてきました。
ですが、最近では、分子量を小さくしたヒアルロン酸も登場しています。
効果的な摂取方法としては、

    • 分子量の小さいヒアルロン酸を配合した製品を選ぶ
    • 体内でのヒアルロン酸の生成を促すサプリメントを摂取する
    • ヒアルロン酸を摂取する場合には一緒に効果を高める成分を撮る

N-アセチルグルコサミン、コラーゲン、コンドロイチン、ビタミンC、ビタミンB2、エラスチンなどを一緒に摂ると効果的とされています。

このように、摂取方法も選択肢がありますので、適切な量を摂取していくことが望ましいです。さらに、病院で変形性膝関節症のような関節痛の治療をする場合には、関節へ直接投与するヒアルロン酸注射という手段もあります。

タマゴサミンの成分であるiHA(アイハ)は、体内のヒアルロン酸の生成の促進を促します。
また、加齢とともに磨耗していく関節の軟骨細胞を増殖させる効果も実証されています。
タマゴサミンには、ヒアルロン酸の効果を高める働きのある、N-アセチルグルコサミン、コラーゲン、コンドロイチン、ビタミンCが配合されています。
サプリメントなので、飲み続ける必要はありますが、関節でお悩みの方にはオススメです。

以上、「タマゴサミンが生成を促進するヒアルロン酸とは」でした。

評判のタマゴサミンをお得に買うまで