チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ追跡…

チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果によると、成人に比べると体の小さな子どものほうが風に流されてきた放射能の悪影響を受けやすくなっていることが分かります。

日々の規則正しい日常生活、暴飲暴食しないこと、適切な運動や体操等、アナログともいえる健康に対する注意点が肌のアンチエイジングにも活用されるといえます。

杉の木の花粉が飛散する春に、お子さんたちが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみしたり水っぱなが止まらないようなケースは、もしかすると『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。

HIV(human immunodeficiency virus)を保有した血液や精液のほか、女性の腟分泌液、母乳等のあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜部分等に接触した場合、感染する危険性が高くなってきます。

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるので大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、皮膚に良くない影響をもたらすのです。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調べによると、一般的なコーヒーと比較して1日2~3杯のカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えれば、驚くことに直腸癌の発病率を半分以上は減らせたということが明らかになっている。

急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・悪心・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染による急性腸炎の場合はものすごい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度台の高熱も出るのが通例です。

クモ膜下出血はそのほとんどが「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管が変形してできる不必要なコブが破裂して脳内出血してしまう事によってなってしまう脳の病気だと認識されています。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通ならばヒトの身体を癌から保護する役割を果たす物質を作出するための金型である遺伝子が異常をきたすことで罹患する病気だと言われています。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が狭まってしまい、血流が途絶えて、必要な酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋細胞そのものが壊死するという恐ろしい病気です。

通常ならば骨折に至らない位のごく弱い力でも、骨の狭い部位だけに何度も繰り返し持続的に力が加わることで、骨折に至ることがあるので気を付けましょう。

トコトリエノールの働きは酸化を遅らせる作用がおそらく一番認識されてはいますが、加えて肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりすることが知られています。

上が140以上、下が90以上の高血圧がある程度続くと、体中の血管に大きな負担となり、体中至る所のあちこちの血管にトラブルが起こって、合併症を発症してしまう公算が大きくなります。

自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格のない方でも使用可能な医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順に応じて対応することで、心室細動に対しての処置の効果を発揮してくれます。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全を起こして些細な病原体が原因の日和見感染や癌等を発病してしまう症候群そのものの事を指しているのです。

タマゴサミン 公式

SNSでもご購読できます。