ハーバード医科大学の研究によれば、通常のコーヒーと…

ハーバード医科大学の研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日2~3カップのカフェインレスコーヒーに変えれば、なんと直腸癌の発病リスクを約52%減らせたそうだ。

多機能な肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病を始めとするありとあらゆる生活習慣病の合併症を起こす可能性があるのです。

強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションのような役割を担っている椎間板(ついかんばん)という名称の円形の線維軟骨がはみ出てしまった状態を称しているのです。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならば人間の身体をがんにさせない働きを持つ物質を作るための鋳型のような遺伝子の不具合で起こるというのは周知の事実です。

日本における結核対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に準拠しておこなわれてきましたが、2007年から数多くある他の感染症と一括りにして「感染症法」という名前の法律に準拠して行われることが決まりました。

薄暗い所では光不足のため見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに不必要なパワーが使われ、結果的に明るい所でモノを眺めるより疲れるのが早くなるのです。

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも症状が見られることがあるので急を要する病ではないにしても、短時間で発作が絶え間なく起こる時は危険だといえるでしょう。

ヒトの耳の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に大別することができますが、中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどがうつり、炎症が発生したり、体液が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。

内臓脂肪過多による肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上に相当するような様子を、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼びます。

くも膜下出血とは90%弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳の血管にできる不要な瘤(こぶ)が破裂して出血してしまう事が理由となって罹患してしまう死亡率の高い病気として認識されています。

アルコールを無毒化する力があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効きます。ゆううつな二日酔いの主因物質であるエタナールという化学物質の無毒化に作用します。

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番多い中耳炎で比較的子供によくみられます。耐え難い耳の痛みや38度以上の熱、ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのさまざまな症状が起こるのです。

スマートフォン使用時の光のちらつきを和らげる専用眼鏡が殊更人気を集めている要因は、疲れ目のケアにたくさんの方が四苦八苦しているからだと考えることができます。

環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、要は円い形状をした真紅色の湿疹など皮膚のトラブルの総合的な病名ですが、理由は余りにも多種多様だということができます。

世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の極端な浴び過ぎが皮ふに健康障害を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用する活動の禁止を広く世界各国に求めている最中です。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。