ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手先や足先が…

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手先や足先が麻痺したり脚の著しいむくみなどが代表的で、進行すると、あろうことか呼吸困難に至る心不全も発症する可能性があるようです。

トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる機能がおそらく一番知られてはいますが、これ以外にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの産出を抑えたりするということが認められています。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛び散る量に追従して悪くなる特性があるようです。

多くの人に水虫といえば足をイメージし、ことさら足指の間にみられる皮膚病として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけではなく、体のありとあらゆる部位にかかるという可能性があるのです。

内臓に脂肪が多い肥満が診られ、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2個か3個すべてに当て嵌まる事例を、メタボリックシンドローム、略してメタボと名付けました。

バイキンやウィルスなどの病気を引き起こす微生物が呼吸とともに肺へ侵入して発症してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を起こしている様を「肺炎」と言います。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのをサポートする特徴が知られていて、血中のカルシウムの濃度を調節して、筋肉の働きを調整したり、骨を作ってくれます。

「体脂肪率」というものは、身体のなかの脂肪が占有する率であり、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式によって把握できます。

肝臓をいつまでも健やかに保つには、肝臓の有害物質を分解する作用が衰退しないようにする、分かりやすく言えば、肝臓を老化させない対策を地道におこなうことが有効です。

吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血する状態で、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上部の消化管から出血する症状を指しているのです。

いんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢、尻などの場所に何らかの理由でうつり、定着する病気で俗に言う水虫です。

ハーバード・メディカルスクールの研究によると、通常のコーヒーと比較して1日2杯以上カフェイン抜きのコーヒーに変えることで、驚くことに直腸ガン危険性を5割以上も減らせたそうだ。

H17年2月から新しく特定保健用食品のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の日本語の文章の記述が食品メーカーの義務となっている。

ジェネリック医薬品は新薬の特許が無効になった後に市場に出回る、まったく同じ成分で金銭的な自己負担を下げられる(クスリの金額が安い)後発医薬品のことを指します。

杉の木の花粉が飛散する期間に、お子さんたちが体温は普通なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが止まらないような症状に当てはまったら、その子は『スギ花粉症』かもしれないのです。

タマゴサミン ヘルニア

SNSでもご購読できます。