ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれてお…

ヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の隙間にあるクッションのような役目をしている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい組織が飛び出てしまった症例を表します。

「とにかく忙しい」「無駄な様々なお付き合いが嫌」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進歩になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まる原因は人によって異なるようです。

世間では水虫といえば足を思いつき、特に足指の間に現れる病気だと思われがちですが、白癬菌が感染する所は足だけに留まらないので、全身どの部位にもかかってしまう可能性があるのです。

20~30才代で更年期になるとしたら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という病気にあてはまります(日本においては40歳未満の女の人が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(early menopause)」と称します)。

日々の規則正しい生活の継続、食べ過ぎないこと、無理のないスポーツや体操など、アナログともいえる体へのおこないが肌の老化防止にも活用されるのです。

毎年流行するインフルエンザの予防の仕方や病院での治療を含めたベーシックな措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。

食事中は、食べたい物を気軽に口へ運んで何度か噛んで後は飲み下すだけだが、その後人体はまことにまめに動き続けて食物を人体に取り込む努力を続けているのだ。

うつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が出現します。

H17年2月から全ての特定保健用食品のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の日本語の文章を表示すること食品メーカーの義務となった。

汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足裏、又は指の間などにちっちゃな水疱ができる病気で、通常は汗疹(あせも)と言われており、足裏に現れると水虫と思い込まれることもあります。

開放骨折してひどく出血してしまった場合に、低血圧になって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる気絶などの不快な脳貧血症状が出現する場合があります。

杉の木の花粉が飛散する1月から4月の頃に、幼い子どもが体温は普通なのにクシャミを連発したり水っぱなが止んでくれない状態だったなら、その子は『スギ花粉症』の恐れがあります。

毎日ゴロンと横向きのままでテレビを眺めていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を日常的に履くという習慣的なことは身体の上下左右の均衡が崩れる原因となります。

なんとなく「ストレス」は、「消すべき」「除去すべきもの」ものとされていますが、本当のところは、人は様々な種類のストレスを抱えるからこそ、生きていくことができているのです。

現代の病院のオペ室には、手洗い場や器械室、準備室(preparation room)を用意させ、手術中に患者をレントゲン撮影できるX線装置を用意するか、近距離にレントゲン撮影のための専門室を併設するのが常識だ。

タマゴサミン 副作用

SNSでもご購読できます。