ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸…

ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.などとは性質が異なっており、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる効果をいかんなく発揮します。

常識的に水虫といえば足を連想し、ことさら足の裏にできやすい病気だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する所は決して足だけではないので、人の体ならどの部分にもうつるという危険性があります。

内臓脂肪症候群とは言われていなくても、臓器に脂肪が蓄積しやすい型のよくない体重過多が存在する事によって、重い生活習慣病を引き起こしやすくなります。

お年寄りや慢性的に病気を持っている方は、より肺炎を起こしやすく治るのが遅い傾向にあるので、予防する意識や早めの受診が大事です。

塩分と脂肪の摂取過多を控えた上で無理のない運動に努めるだけでなく、ストレスのかかり過ぎない暮らしを意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を未然に防ぐ方法だといえます。

胸痛を主訴とする狭心症の外科的な施術としては大体「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術」の両者の治療が高い確率で用いられています。

杉の木の花粉が飛散する期間に、まだ小さな子どもが平熱なのに頻繁にクシャミしたりサラサラした水っ洟が止まないような症状なら、その子は『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。

ハーバード大学医学校(HMS)の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はノンカフェインのコーヒーを代用することで、驚くことに直腸癌の発生リスクを半分以上は減少させることができたらしい。

自分で外から眺めただけでは骨折しているかどうか分からない場合は、違和感の残る箇所の骨を弱めに突いてみて、もしその部位に激しい痛みが走れば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

アルコールを分解する肝臓に中性脂質やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、糖尿病を筆頭に様々な病を誘発するかもしれないのです。

「とにかく多忙だ」「手間のかかるお付き合いが苦手」「技術やインフォメーションの進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスを感じやすい主因は十人十色です。

自転車事故や作業現場での転落など、非常に大きな圧力が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が発生したり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、他の内臓が破裂することもあるのです。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今までの研究結果により、予防の効能を見込めるのは、ワクチンを注射した約2週後からおよそ5カ月位だろうと考えられているようです。

吐血と喀血は口からの出血に違いはありませんが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血というのは十二指腸より上にある食道などの消化管から出血する症状のことを示しています。

BMI(体重指数を求める計算式はどこの国も同じですが、数値の評価基準は国単位でそれぞれ違いがあって、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満であれば低体重と位置付けています。

タマゴサミン 効果

SNSでもご購読できます。