ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのひとつの…

ポリフェノールに代表されるフィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓から分泌される解毒酵素の自然な創造を支えているのではないかという新たな事実関係が判明してきたのです。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸やV.E.などとは異なっており、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する作用があります。

緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首筋の凝りが誘因の最も多いタイプの頭痛で、「まるで締め付けられるような痛さ」「重くてたまらない頭痛」と言われることが多いようです。

日本における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に従う形で行われてきましたが、2007年からこれ以外の感染症と一まとめにして「感染症予防法」という名前の法律に基づいて実行されることが決定しました。

スマートフォンのチラつきを低減させるレンズの付いた眼鏡が現在人気を集めている要因は、疲れ目の予防策に大勢の人が苦心しているからです。

ただの捻挫だろうと決めつけてしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置をしてから素早く整形外科を訪れることが、早く根治させる近道に繋がるのです。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、通常であれば体を癌にさせない働きをする物質を生成するための鋳型のような遺伝子の異常が引き金となり罹患してしまう病気だと考えられています。

流感、即ちインフルエンザに適している予防術や処置も含めた必ず行う措置というものは、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。

杉の花粉が飛ぶ期間に、子どもが発熱は確認できないのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした水っぱなが止まってくれない状況なら、その子は杉花粉症かもしれないのです。

めまいは起こらないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返すケースを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メヌエル)病」という名前で呼ぶ場合が多いそうです。

20才代、30才代で更年期がやってくるとすれば、医学的に表すと「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患のことを指します(我が国の場合は40才以下の女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義しています)。

必要な栄養を万遍なく含んだ食事や運動は勿論、肉体や精神の健康や美容を目的とし、食事以外に数種類のサプリメントを服用する行為が一般的になりました。

脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮静化させ、分泌物質の覚醒などを司っていて、鬱病に罹患している方ではその動きが鈍くなってることが分かっている。

欧米諸国では、新しく開発された薬の特許が満了してから約1ヶ月後には、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替わるような薬品もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国で知られています。

ハーバード医科大学(HMS)の調べによれば、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2~3杯はノンカフェインのコーヒーを代用すれば、驚くことに直腸がんの発病リスクを約半分も減少させることができたそうだ。

タマゴサミン オークション

SNSでもご購読できます。