メタボとは診断されなかったとしても、内臓脂肪が多く…

メタボとは診断されなかったとしても、内臓脂肪が多く付いてしまう特性の悪質な体重過多に陥ることに縁り、重い生活習慣病を招きやすくなります。

下腹部の疝痛をもたらす代表的な疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の疾患などがよく挙げられるようです。

現在の手術室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を用意し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、そうでなければ付近にレントゲン用の専門室を作るのが通例である。

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒現象などを司っていて、単極性気分障害(うつ病)の患者では作用が鈍くなってることが科学的に判明している。

クシャミ、鼻みず、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出される量に比例したように悪化してしまう特徴があると言われています。

スマートフォンの小さなちらつきを抑えるPC専用のメガネが大変人気を博している理由は、疲れ目のケアに大勢の方々が関心を寄せているからでしょう。

アメリカやEU圏では、新薬の特許が切れてから約30日後、市場のおよそ80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に切り替わるようなクスリもあるほど、後発医薬品は世界各国で親しまれています。

吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことですが、喀血の方は咽頭から肺を通る気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出ることであり、吐血というものは十二指腸より上にある消化管から血が出ることを示しているのです。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もかかりやすい中耳炎で幼い子どもによく発症する病気です。強烈な耳痛や38度台の発熱、酷い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などの多様な症状が現れます。

気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ感、不眠、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が見られるのです。

20才代、30才代で更年期がやってきたとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気にあてはまります(日本の場合は40歳未満の女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義します)。

肝臓をいつまでも健やかに保持するためには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにする、言いかえれば、肝臓の老化対策を地道におこなうことが有効でしょう。

昨今、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に抗する免疫力(抵抗力)の弱い人々が増加したことや、早合点のために受診が遅れることなどが原因の集団・院内感染が増えています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)という物質が、肝臓が持つ解毒酵素の自然な生産活動を促進しているのではないかという事が明らかになってきました。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の保持等)ために要る基礎的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

タマゴサミン 社長

SNSでもご購読できます。