一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけ…

一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「取り去らなければいけない」ものと思いがちですが、実のところ、私たち人間は大なり小なりのストレスを受けるからこそ、活動していくことが可能になっているのです。

欧米諸国おいては、新しい薬の特許が満了した4週間後には、製薬市場の約8割がジェネリックに変更される薬品もあるほど、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は先進国で知られているのです。

拡張期血圧90以上の高血圧が長期間継続すると、全身の血管に強いダメージが与えられ、頭から足まであちこちの血管に障害が生じて、合併症を併発する率が高まると言われています。

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体内における脂肪の占有する率のことで、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重×100」という計算式で値を確認できます。

緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こり、首こり、張りが原因の慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような強い痛み」「重いような酷い痛さ」と言い表されることが多いようです。

胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことや煙草を飲む事・アルコールを毎晩飲む事・脂肪過多などの生活習慣が乱れたこと、ストレス等により、現在日本人に患者が多い病気だといえます。

WHO(World Health Organization)は、人体に有害な紫外線A波の無理な浴び過ぎはお肌に健康障害を引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を世界中に喚起しています。

めまいは起こらないのに、長く続く耳鳴りと低音域の難聴を数回繰り返すパターンを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で診断する事例がよくあります。

平成17年2月以降特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の一文の明記が食品メーカーの義務となっている。

患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、不眠、憂うつ、著しい倦怠感、食欲の低下、焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの辛い症状が2週間以上続きます。

亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞・組織などの活動に必要な酵素など、200種類以上も存在する酵素の構築要素として絶対に外せないミネラルの一つなのです。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果により、ワクチンの効果が見込めるのは、注射の14日後から150日間程度だろうと言われています。

AEDというものは医療資格を保持しない普通の人にも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスが指示してくれる通りに対応することで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する治療の効力をいかんなく発揮します。

グラスファイバーで作られたギプスは、非常に強くて軽くて着け心地が良い上に耐久性に優れ、シャワーなどで濡れても大丈夫という長所があるため、現在用いられているギプスのメインとなるまでに浸透しました。

20代、30代で更年期になったとしたら、医学用語では「早発閉経(POF)」という病気のことを指します(この国の場合は40才未満の女性が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言っています)。

タマゴサミン cm

SNSでもご購読できます。