下が90以上の高血圧が長引くと、全身の血管に強い負…

下が90以上の高血圧が長引くと、全身の血管に強い負担がかかった結果、体中至る所の様々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を発症してしまう蓋然性が高くなると言われています。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間に存在する緩衝材のような役割を持っている椎間板(ついかんばん)という名のやわらかい線維軟骨が突き出た状態の事を表します。

WHO(World Health Organization)は、紫外線A波の極度の浴び過ぎが皮ふ病を誘引するとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を利用する活動の禁止を世界中に勧めています。

PCモニターの強くて青っぽい光を和らげる効果のあるレンズの付いたメガネがいま最も人気を集めている理由は、疲れ目の手当に多くの人が苦心しているからだと考えられます。

30才代で更年期になるとしたら、医学用語ではPOFという病気にあてはまります(日本においては40歳未満の女の人が閉経してしまう症状を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義しています)。

一旦永久歯の周りを覆っている骨を減らしてしまうほど放置してしまった歯周病は、原則進行具合そのものが和らぐことはあっても、失ったエナメル質が元の量に戻るようなことはないに等しいと言われています。

結核への対策は、長年、昭和26年に制定された「結核予防法」に拠って促進されてきましたが、56年後の2007年から他の数多ある感染症と同様に「感染症法」という名称の法律に従って実行されることに決まったのです。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化やタバコを吸う事・嗜好品・肥満といったライフスタイルの質の低下、ストレスに縁って、いま日本人に多く発症している疾患だといえます。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に存在しているインスリンを分泌しているβ細胞が壊れてしまったことで、膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなってしまい発病に至る自己免疫性のタイプの糖尿病です。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・下痢の症状が出る程度で治まりますが、細菌感染が原因の場合は強烈な腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに高い発熱が通例です。

常識的には骨折は起こさない位の弱い圧力でも、骨のある定まった部位だけに幾度も繰り返し途切れることなく力が加わると、骨折することもあるようです。

AIDSはHIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を引き起こし些細な細菌などによる日和見感染やガン等を併発してしまう病状のことを指し示しているのです。

天然の化学物質、フィトケミカルのひとつのイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質が、肝臓が分泌する解毒酵素の順調な製造を促進しているのではないかという事が判明してきたのです。

演奏会やライブなどの開催されるスペースやクラブなどに設けられた特大スピーカーの真正面で爆音を浴びて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言っています。

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究の成果から、予防の効用が見込まれるのは、注射のおよそ2週後から150日間程度だろうということが判明しています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。