下腹部の激痛をもたらす病気の代表格として、大腸の壁…

下腹部の激痛をもたらす病気の代表格として、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性性器の疾患など、様々な病名がみられます。

ふと気が付くと肘をついた横向きの状態のままでTV画面を見ていたり、長時間頬杖をついたり、かかとの高い靴などをよく履くというようなことは身体の上下左右の均衡が崩れる原因となります。

チェルノブイリ原子力発電所事故のその後の追跡調査のデータでは、大人に比べて体の小さな子供のほうが拡散した放射能の被害をよく受けることを痛感します。

ストレスがかかり、溜まってしまう経緯や、手軽なストレス対処法など、ストレスに関わる深い知識をお持ちの方は、現時点ではまだ少ないようです。

めまいが出ず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴のみを数回繰り返すケースの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶこともあることは意外と知られていません。

真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番多い中耳炎で小さな子供によく起こる病気です。耐え難い耳の痛みや熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などの多様な症状がみられます。

明るくない場所では光量が不足して見辛くなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、眼球のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが消費されてしまい、結果的に日の差す所で物を見るよりも疲れやすくなるといえます。

ご高齢の方や慢性病を持っている方は、とりわけ肺炎になりやすくてすぐには治りにくいと言われているので、予め予防する意識や迅速な処置が大事なのです。

臓器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが非常に深く関係していますが、前立腺に発現したガンも同じように、雄性ホルモンの働きを受けて成長してしまいます。

いんきんたむしというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、臀部などの部位にうつってしまい、寄生してしまう感染症の事であり即ち水虫のことなのです。

30才から39才までの間に更年期がやってきたとすれば、医学的な用語ではPOFという疾患に当てはまります(日本では40歳未満の女の人が閉経してしまう状態を「早期閉経(premature menopause)」と呼んでいるのです)。

「体脂肪率」というのは、身体の中の脂肪の付いている比率のことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算によって把握できます。

内臓脂肪が多いことによる肥満と診断され、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2項目以上該当するような状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼ぶのです。

基礎代謝量というのは目が覚めている覚醒状態で命を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)ために欠かせない理論上のエネルギー消費量のことを指すのです。

陰金田虫(インキンタムシ)は比較的若い男性に多く確認されており、原則として股間部にだけ広がり、激しく体を動かしたり、入浴後など全身が温まった時に猛烈な掻痒感が訪れます。

タマゴサミン 口コミ

SNSでもご購読できます。