乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、従来の生ワク…

乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに変わり、平成24年9月1日より厚労省が接種を推奨する定期接種となることによって、小児科などの医療機関で個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いになっています。

スマートフォン使用時のチラつきを低減させるレンズの付いた専用メガネが最も人気を集めている訳は、疲れ目の対策に大勢の人が四苦八苦しているからだといえます。

筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首凝り、張りから起こる慢性頭痛で、「締め付けられる激しい頭痛」「頭が重苦しいような鈍い痛み」と言い表されることが多いようです。

めまいが確認できず、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を何度も繰り返すパターンのことを「蝸牛型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ事例も多いそうです。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)異なっており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を発揮するのです。

メタボリック症候群とは言われていなくても、内臓脂肪が多く付着しやすい種類の悪い肥満になることに縁って、辛い生活習慣病に罹患しやすくなります。

30才から39才の間に更年期になったら、医学的にはPOF(Premature Ovarian Failure)という疾患を指します(日本では40歳未満の女の人が閉経することをPOF(Premature Ovarian Failure)と称しています)。

2005/02/01以降新しくトクホ(特定保健用食品)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文言の明示が食品メーカーに義務付けられた。

ハーバード大学医学校の研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日2~3カップのカフェインの取り除かれたコーヒーに変えることで、なんと直腸がんの発症リスクを半分も減少させることができたのだ。

急性中耳炎(Acute otitis media)は、最も症例の多い中耳炎で幼い子供に起こりやすい病気です。激しい耳痛や38℃以上の発熱、酷い鼓膜の炎症、耳漏(耳だれ)などのいろいろな症状がみられます。

花粉症の緒症状(水っぱな、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜しっかり眠れないと、そのせいで慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起きてからの行動に良くないダメージを与えることもあります。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことから、その膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなり発症に至るという自己免疫性の糖尿病なのです。

もしも婦人科の血液検査で実際に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合は、足りていない女性ホルモンを補充してあげる医術などで治すことができます。

体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖、細胞の新陳代謝に欠かせないタンパク質など、行き過ぎたダイエットではこれらに代表される体をキープするために必ず要る栄養素までも減少させてしまっている。

塩分や脂肪の大量摂取をやめて軽い運動に励み、ストレスを感じすぎないような毎日を心がけることが狭心症をもたらす動脈硬化を事前に予防する方法だといえます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。