人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中…

人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けられますが、この中耳の近くにばい菌やウィルスが付いて発赤等の炎症がみられたり、液体が滞留する症状が中耳炎というわけです。

骨折したことにより多量に出血した際に、急に血圧が降下してめまいやふらつき、冷や汗、悪心、顔面蒼白、意識喪失などの様々な脳貧血の症状が誘引される場合もあります。

生殖器である前立腺は生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が非常に大きく関わっていて、前立腺に現れた癌も同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの影響で肥大化してしまうのです。

ただの捻挫と自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで一応固定し、様子を見るよりも、応急処置を済ませたら素早く整形外科へ向かうことが、根治への近道に繋がるのです。

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、主に四肢がしびれたり脚のむくみなどが典型で、発症から時間が経ってしまうと、最悪の事態では心不全も連れてくることがあるようです。

めまいが出ず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何度も繰り返すタイプの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で呼ぶ事がよくあります。

結核への対策は、1951年に制定された「結核予防法」にならう形で推進されてきましたが、56年後の2007年からは数多くある他の感染症と一まとめにして「感染症予防法」に準拠して実行されることに決定したのです。

エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい日和見感染や癌などを発症してしまう症候群のことを指し示しているのです。

ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「取り去るべき」と断定しがちですが、本当は、私たち人は大小のストレスを感じているからこそ、活動することができているのです。

脂漏性皮膚炎というものは皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で、分泌がおかしくなる因子としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な欠乏等が大きいと考えられています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質について、肝臓の持っている解毒酵素の効率的な産出を促進しているのではないかという事が判明してきました。

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、普通ならば人間の身体を癌にさせない役目を果たす物質を製造するための型ともいえる遺伝子の異常が原因で発生してしまうとのことです

スマートフォンの光のちらつきを和らげる効果のあるPC専用の眼鏡がことさら人気を集めている訳は、疲れ目の予防に多くの人々が苦心しているからです。

下腹部の強い痛みを起こす主な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の病気などがよく挙げられるでしょう。

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で負担が少ない(クスリ代の高くない)後発医薬品のことを意味します。

タマゴサミン 90粒

SNSでもご購読できます。