今時の病院のオペ室には、便所や器械室、準備室(pr…

今時の病院のオペ室には、便所や器械室、準備室(preparation room)を用意させ、オペ中に撮影するためのX線装置を準備しておくか、そうでなければ近くにレントゲン用の専門室を作るのが慣例である。

軽い捻挫と決めつけて、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで動かないように固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を済ませたらすぐに整形外科の医師に診てもらうことが、結局は完治への近道だといえるのです。

冠動脈の異常である狭心症の外科的な治療法としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」の双方の手術の方法が一般的に用いられています。

ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間に存在するクッション的な役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい線維軟骨がはみ出てしまった症状の事を称します。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭くなってしまい、血液の流れが止まり、大切な酸素や栄養を心筋に配達できず、筋繊維が機能しなくなるという恐ろしい病気です。

パソコン画面の青っぽい光を低減する効果のあるPC専用の眼鏡がすごく人気をはくしている要因は、疲れ目の手当に大勢の人が興味を持っているからでしょう。

ストレスがかかり、蓄積していく構図や、有効なストレス対策法など、ストレスに関して正しい知識を勉強している人は、それほど多くはありません。

一度永久歯の表面のエナメル質を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、残念ながら病状が和らぐことはあっても、エナメル質が元通りに復活するようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。

ブラッシングなどで、患者が犬のことを可愛らしいと思うと「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスを軽くしたり癒しなどに結びついています。

トコトリエノールの作用としては抗酸化効果が一際認識されていると思いますが、更に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが言われています。

塩分と脂肪の摂取過多は避けて簡単な運動に励み、ストレスを蓄積しすぎない生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を未然に防止する方法です。

チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査のデータをみると、成人に比べて若い子供のほうが飛んできた放射能の深刻な影響をより受けやすいことが判明しています。

脳卒中のクモ膜下出血は90%弱が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできた不要な瘤(コブ)が破れる事が原因となって発症する深刻な脳の病気だということを多くの人が知っています。

我が国における結核への対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に準じてなされてきましたが、半世紀が経過した2007年から他の数ある感染症とひとくくりにして「感染症法」という名の法律に準拠して行われることになったのです。

緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝り、張りが素因の最も一般的な慢性頭痛で、「頭を締め付けられるような強い痛さ」「ズシッと重苦しいような耐え難い痛みと言われることが多いようです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。