体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で使われ…

体を動かすのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖分、新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、過度のダイエットではこれらに代表される活動を確保するために絶対必要な要素までもを乏しい状態にする。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査の結果では、大人よりも若い子供のほうが飛んできた放射能の深刻な影響をより受容しやすくなっていることを痛感します。

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの防御、あらゆる覚醒現象などを司っていて、単極性気分障害(うつ病)に罹患している方ではその動きが鈍いことが明らかになっている。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、約1週間服薬すれば、全般的に9割近くの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が快癒したわけではないので気を付けましょう。

世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波の異常な浴び過ぎが皮ふ疾患を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロを使用することの禁止を強く提案しています。

グラスファイバーで作製されるギプスは、強靭で軽量なのに長く使うことができ、雨などで濡らしてしまっても大丈夫というメリットがあり、今のギプスの人気製品だと言えるでしょう。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという性質があり、大気中のオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊したりして、肌に悪い影響をもたらすことが明らかになっています。

子供の耳管の特徴は、大人の耳管と比較して太めで長さがあまりなく、又ほぼ水平になっているため、様々な菌が侵入しやすくなっています。大人よりも子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、この事が関係しています。

高血圧(hypertension)が継続すると、体中の血管に強い負荷がかかった結果、全身至る所の色んな血管にトラブルが発生して、合併症を招いてしまう可能性が拡大するのです。

過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、仕事などのストレス、老化など複数の素因が組み合わさると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症するといわれています。

クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛び散っている量に追従して酷くなるという特性があるということが明らかになっています。

汗疱(汗疱状湿疹)は主に手の平や足の裏指と指の間などにプツプツとした水疱がみられる皮膚病で、一般にはあせもと呼び、足裏に出ると水虫と混同されるケースもままあります。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、辛い宿酔に効果的です。苦しい宿酔の原因と考えられている酢酸アルデヒドという化学物質の分解に作用します。

ピリドキサールには、あのアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源の利用に必要となる回路へいれるため、もう一度細分化することを支える動きもあります。

インフルエンザ(流感)に合った予防するための方法や手当等、このような基本の対処策は、それが季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザでもほぼ変わりません。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。