体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能す…

体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖分、細胞の新陳代謝に欠かせないタンパク質など、厳しいダイエットではこの2種類に代表される体調を保障するために外せない成分までも欠乏させている。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように当事者だけでなく他の人にも高品質なマイクロホンを使用すると響いているというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても起こることがあるためさほど珍しい心臓の障害ではないといわれていますが、短い期間で発作が相次いで起きるケースは危ない状態です。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、これまでの膨大な研究によって、注射の効果が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた約2週後から150日間ほどということが明らかになりました。

アルコールを分解するという作用があるナイアシンは、不快な宿酔に効きます。不快な二日酔いの誘因物質と考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化にも関係しています。

PCモニターの光のチラつきを抑える効果のあるレンズの付いた眼鏡が最も人気を集める理由は、疲れ目の改善に大勢の方が関心を寄せているからだと考えることができます。

スギの木の花粉が飛散する時節に、小児が体温は平熱なのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが止む気配をみせない症状だったなら、杉花粉症の恐れがあるでしょう。

はりを痛みの発生源に刺す、という直接的な刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われているいわば電気信号の化学伝達を発生させると考えられているようです。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常なら人間の体をがんから護る役目をする物質を製造するための金型ともいえる遺伝子の不具合により起こるとのことです

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を持たない一般の人にも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの指示通りに処置することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の処置の効き目を患者にもたらします。

胸痛を主訴とする狭心症の外科処置としてはほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス手術」のふたつの手術の方法が標準的に使用されています。

くも膜下出血(SAH)はほとんどが脳動脈瘤と呼ばれる血管にできる不要な瘤(コブ)が破れることが要因となって発症してしまう脳の病気だという知識を多くの人が持っています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質について、肝臓から分泌されている解毒酵素の機能的な創造活動を支えているのではないかという真実がわかりました。

30歳代で更年期が訪れるとすれば、医学的な言葉で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という疾患のことを指します(日本の場合は40才未満の女性が閉経する状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼ぶのです)。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、人の体内の脂肪の占有している比率で、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重×100」という数式で調べられます。

タマゴサミン iha

SNSでもご購読できます。