体脂肪の量には変動が見られないのに、体重が食事や排…

体脂肪の量には変動が見られないのに、体重が食事や排尿等によって一時的に増減する際は、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少すれば体脂肪率が上昇することがわかっています。

下腹の激しい痛みがみられる疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の疾患などがまず挙げられるようです。

既に歯の周囲のエナメル質を減らすまでに悪くなってしまった歯周病は、あわよくば炎症が治まったとしても、エナメル質が元の量に復元されることはまずないでしょう。

汗疱(汗疱状湿疹)は掌や足の裏、又は指の隙間などに細かな水疱ができる疾患で、通常は汗疹(あせも)と言われており、足裏にできると水虫と思い込まれることが結構あります。

音楽会のおこなわれる会場やクラブハウスなどに設けられたとても大きなスピーカーのすぐ横で大きな音を浴び続けて難聴になってしまうことを「急性音響外傷」と言います。

メタボリック症候群とは断言されていなくても、臓器に脂肪が多く付いてしまう特性の悪い肥満を持っていることに縁って、命にかかわるような生活習慣病を招く可能性が高まります。

アルコールや薬、合成発色剤を始めとした食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たす非常に重要な機能のひとつです。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は若い男の人に多く見られており、大抵は股間の辺りだけに広がり、激しい運動をしたり、入浴した後など体がポカポカ温まると強い掻痒感に襲われます。

ハーバード医科大学(HMS)の調べによれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2~3杯はカフェインの除去されたコーヒーを飲用すれば、驚くことに直腸ガン罹患リスクを半分以上も減らせたのだ。

お年寄りや慢性的な病気を持っている方は、ことさら肺炎になりやすく治るのが遅いデータがあるので、予防の徹底や早めの処置が必要です。

バイキンやウィルスなど病気を齎す微生物、即ち病原体が口から肺の中に入って発病してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示している様子を「肺炎」と呼んでいるのです。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌に悪影響を与えています。

「体脂肪率(body fat percentage)」とは、全身の脂肪の占有している比重のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量÷体重(weight、kg )×100」という式によって把握できます。

毎日のように横向きの状態でTVを視聴していたり、机の上で頬杖をついたり、踵の高い靴などをよく履いたりといった習慣的なことは身体の均衡を崩してしまう大きな原因になります。

通常の場合は骨折に至らない程度のごく僅かな力でも、骨の限られた部分だけに何度も繰り返して続けて力が加わることにより、骨が折れてしまうことがあるので注意が必要です。

タマゴサミン グルコサミン

SNSでもご購読できます。