体脂肪の量には変化が見られず、体重が食物の摂取や排…

体脂肪の量には変化が見られず、体重が食物の摂取や排尿等で一時的に増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少した方は体脂肪率が上がります。

様々な花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの諸活動に悪いダメージを及ぼすことも考えられます。

トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ効果が格段に認識されてはいますが、加えて美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりすることが知られています。

脳卒中のクモ膜下出血は80%以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳の血管の不要なこぶが破裂して脳内出血する事が理由となってなってしまう病なのです。

加齢が原因の難聴においてはちょっとずつ聴力が低下するものの、普通は60歳を超えてからでないと耳の老化をきちんと認識できないのです。

うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の深刻な症状が2週間以上続きます。

耳の内部の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に大別されますが、中耳の近くに黴菌やウィルスなどが付いて発赤等の炎症が起きたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。

耳鳴りは分類することができて、当事者にしか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも精度の高いマイクロホンをあてると感じるような「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、不快な二日酔いに効果的です。苦しい宿酔の元凶物質とされる酢酸アルデヒドという化学物質の分解に力を発揮しています。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害なUV-A波の浴び過ぎが皮ふ疾患を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若人がファッション感覚で日サロを利用する行動の禁止を先進国に勧めている最中です。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を低減したり変異を誘引する人体に悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝臓の動きをより良くする特性が分かっています。

BMIを求める計算式はどの国にも共通していますが、BMI値の位置づけは国によってそれぞれ異なっており、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満は低体重と定義しています。

演奏会やライブなどの場内やクラブハウスなどに備えられた特別仕様の大型スピーカーの隣で爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言っているのです。

内臓脂肪タイプの肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに一致するような様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼んでいるのです。

常識的に水虫=足、中でも足指の間に現れやすい病気だと考えられていますが、白癬菌がうつるのは足しかないのではなく、体のありとあらゆる部位にかかってしまう可能性があるのです。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。