体脂肪の量(somatic fat volume)…

体脂肪の量(somatic fat volume)は変化が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などによって一時的に増減するようなケースでは、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少したら体脂肪率が上昇することがわかっています。

悪性腫瘍である卵巣がんは、普通ならば体をガンから守る作用を持つ物質を作り出すための金型である遺伝子が異常をきたすことで発病してしまう病気だと言われています。

肝臓を健康な状態にキープするには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにすること、要するに肝臓の老化を食い止める対策をできるだけ早く実行することが必要なのです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは目覚めている覚醒状態で生命を保つ(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の保持等)のに必要となるミニマムなエネルギー消費量のことを言います。

1型糖尿病という病気は、膵臓に内在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまい、あろうことか膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなることによって発病に至る生活習慣とは無関係の糖尿病です。

開放骨折により多量に出血した状況では、血圧が急降下して眩暈やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの色々な脳貧血の症状がみられるケースもよくあります。

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、多忙によるストレス、高齢化など複数の誘因が集まると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病するのです。

スギの花粉が飛ぶ期間に、まだ小さなお子さんが体温は異常ないのに頻繁にクシャミをしたり鼻水が出続けているような症状なら、その子は杉花粉症かもしれないのです。

H17年2月より新たに全てのトクホのパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す日本語の明示が義務となった。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪が占有する率で、「体脂肪率=体脂肪量÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で表すことができます。

既に永久歯の周りの骨を浸食するほど進んでしまった歯周病は、悲しいことに進行具合そのものが和らぐことはあっても、なくなった骨が元の量になるようなことは無いと考えておいた方が良いでしょう。

ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類することができますが、この中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどが付着して発赤等の炎症がみられたり、液体が溜まる病を中耳炎と称しているのです。

脳卒中のクモ膜下出血は90%近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる血管が変形してできる瘤(コブ)が破れてしまう事が理由となって起こる深刻な病気として認識されています。

内臓脂肪過多の肥満が確認されて、脂質過多(ししつかた)、高血圧、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目当て嵌まるケースを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。

子どもの耳管の仕組みは、大人に比べると幅が広く短めの形であり、又ほぼ水平になっているため、菌が入りやすいのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、この事が関わっています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。