体脂肪量はさして変動がなく、体重が飲み食いや排尿な…

体脂肪量はさして変動がなく、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減するような時、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減少したら体脂肪率が上がることがわかっています。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に欠かせない様々な酵素や、細胞・組織などの活動に深く関わる酵素など、200種類以上もある酵素を構成する要素として絶対なくてはならないミネラルの一種だといわれています。

子どもの耳管の構造は、大人の耳管と比較すると幅があり短い形で、尚且つほぼ水平になっているため、様々な細菌が入り込みやすくなっています。大人より子供の方がよく急性中耳炎に罹るのは、この作りが関係しています。

下腹部の激しい痛みが主訴となる主な病気には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、女性性器の疾患など、色々な病名が挙げられます。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常によってもたらされる発疹で、分泌がおかしくなる原因として男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れ、V.B.コンプレックスの欠乏等が考えられているのです。

ストレスが溜まる論理や、手軽なストレス対策など、ストレスに関して正しい知識を保持している人は、まだまだ少ないようです。

よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の直径が細くなってしまい、血流が途絶え、酸素や様々な栄養を心筋に届けられず、ほとんどの筋繊維が壊滅状態になる大変危険な病気です。

肥満(obesity)の状態というのはもちろんあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが原因ですが、量の変わらない食事をとっていても、かきこむように食べ終わる早食いを続ければ体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。

チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査の結果によると、成人と比較して体の小さな子供のほうが分散した放射能の深刻な影響を受容しやすいことが見て取れます。

今、若年層で結核菌(けっかくきん)に対抗する免疫力を持たない人々の割合が高いことや、受診の遅れなどが主因の集団感染や院内感染が増加しているようです。

不整脈である期外収縮は、病気ではなくても症状が現れることがあるためさほど難しい心臓の病気ではないと考えられていますが、例外として発作が続いてみられる場合は楽観視できないといえます。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやスモーキング・アルコールの常飲・隠れ肥満等のライフスタイルの変化、ストレスに縁って、最近、日本人に多く発生している疾患だといえます。

ピリドキサミンには、色々なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーを活用するために必要な回路へ取り込むため、輪をかけて細分化することを助長するという作用もあると言われています。

自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格のない一般の人にも扱うことのできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスに沿って使うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する緊急処置の効き目をみせます。

自分で外から眺めただけでは骨折しているかどうか分からない時は、怪我をした所にある骨を弱い力で押してみてください。その部分に激しい痛みが走れば骨折の疑いがあります。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。