体重過多に陥っている肥満はあくまで栄養バランスや食…

体重過多に陥っている肥満はあくまで栄養バランスや食生活の質、運動不足が誘因ですが、ボリュームの変わらない食事であれ、慌ただしく食べ終わる早食いをし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満を招く恐れがあります。

現在のオペ室には、手洗い場や専用の器械室、手術準備室を備え付け、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を付けるか、側にレントゲン撮影のための専門室を併設しておくのが一般的である。

前立腺という生殖器は働きや成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが非常に深く関係し、前立腺に出現してしまった癌も同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)の影響で肥大化します。

ハーバード大学医学部の研究結果によると、通常のコーヒーと比較して毎日2~3カップのデカフェのコーヒーを飲めば、直腸癌の発症率を約5割も減らせたらしい。

ブラッシングなどで、被介護者がセラピードッグを愛おしいと感じることで「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されれば、ストレス緩和や癒しに繋がっていくのです。

ダイエットに没頭するあまりカロリー摂取を控える、1日3食のうち1食を飛ばす、そうした暮らしのスタイルがひいては栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を誘引する事は、多くの先生方が言われていることです。

よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭くなって、血流が途切れ、酸素や大事な栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞そのものが壊死するという重い病気です。

自動車事故や建築現場での転落など、著しく強い力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が発生してしまったり、複雑骨折となったり、酷い時は内臓が破損してしまうこともあり得ます。

国民病ともいわれる花粉症とは、山林のスギや檜、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が誘因となって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を生ずる病気として認識されています。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な場合でも出現することがあるので急を要する疾病ではないにせよ、発作が数回に渡って絶え間なく起きるケースは楽観視できません。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が壊れてしまい、その膵臓からはインスリンが微々たる量しか出なくなることによって発病する種類の糖尿病なのです。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、身体のなかの脂肪が占有している度合いのことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キロ)×100」という数式によって確認できます。

ただの捻挫だろうと決めつけてしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませてから一刻も早く整形外科医に診察してもらうことが、早く根治させる近道だといえるでしょう。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を落としたり突然変異を招く悪質な物質を体の中で解毒し、肝臓の力を促進する動きが確認されています。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、皮脂の分泌が乱れる主因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの不均衡、ナイアシンなどビタミンB群の不足等が挙げられます。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。