侮ってはいけないインフルエンザに対応した予防の仕方…

侮ってはいけないインフルエンザに対応した予防の仕方や医師による手当も含めた必ず行われる対処策そのものは、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでも変わらないのです。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症などのいろんな健康障害の合併症を招く可能性があるのです。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータをみると、成人と比較して未成年のほうが飛んできた放射能の深刻な影響を受けやすくなっていることが見て取れます。

ともすると「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「取り去らなければいけない」ものとされていますが、実を言うと、私達は様々な種類のストレスを体験するからこそ、活動し続けることに耐えられるようになっています。

下腹の疼痛がみられる病気の代表格として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、子宮の疾患などがよく挙がります。

普通なら骨折に至らない程度の弱い力でも、骨の一つのエリアだけに複数回にわたり継続的に力が加わってしまうことで、骨が折れてしまうことがあるので注意が必要です。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を低減したり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす物質を体の中で無毒化し、肝機能をより良くする性質が確認されています。

鍼灸用のハリを気になる所に刺してもらう、というフィジカルな刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスという通称のいわば電気信号の化学伝達をもたらすと考えられているのです。

20歳代、30歳代で更年期がやってくるとすれば、医学的には「早期閉経」という女性疾患を指します(この国においては40歳未満の女の人が閉経する状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼んでいるのです)。

食事をするときは、次に食べたいと思った物をなんとなく口へ運んで数回咀嚼して嚥下して終わりだが、その後も体はまことに健気に動いて異物を人体に取り込むよう励んでいる。

肝臓を健康な状態にキープするためには、肝臓の解毒する力が低下しないようにすること、つまり、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に開始することが有効でしょう。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人以外の人にも高性能のマイクロホンなどを使ってみると聞こえてくるらしい「他覚的耳鳴り」があるそうです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が細くなって、血液の流れが途切れ、酸素や様々な栄養が心筋に配達されず、筋細胞自体が死んでしまう怖い病気です。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があり、オゾン層を通る際に一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破壊するなど、肌にとって悪い影響をもたらすことになります。

高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、全身の血管に重いダメージがかかった結果、頭の先から足の先まで色々な場所の血管にトラブルが起こって、合併症を誘引する公算が高まると言われています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。