健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV…

健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚にトラブルを招く可能性が高いとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを使用することの禁止を先進国に提案しています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、すなわち輪っかのような円い形をした赤色の発疹や鱗屑など、皮ふ症状の総合的な病名で、その病因は実にいろいろだといえるでしょう。

耳鳴りは2種類に大別され、本人しか感じないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者以外にも高性能のマイクロホンなどをあてると響いているらしい「他覚的耳鳴り」があるそうです。

トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ働きが一際知られていますが、加えて肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが確認されています。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほぼ股間の辺りにのみ拡大し、運動をしたり、お風呂上りのように体が熱くなると強い掻痒感が訪れます。

基礎代謝というのは人間が何もしていなくても使用してしまうエネルギーのことを指していて、大半を全身の筋肉・最大の臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で消費しているということはまだ広くは知られていません。

体を維持するのに必要なエネルギーの源として瞬時に機能する糖質、細胞の新陳代謝に必要な蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこんな体を維持するために絶対に要る栄養素までもを欠乏させる。

脚気(beriberi)の症状は、手や足がしびれたり脚の浮腫などがよく見られ、病状が進むと、深刻な場合、呼吸困難に陥る心不全も発症する可能性があるとのことです。

気が付くと横向きのままでTVを眺めていたり、頬に頬杖をついたり、かかとの高い靴等をいつも履くという習慣的なことは体の左右の均衡を悪化させる原因となります。

物を食べる時は、食べたい物を気軽に口に入れたら20回前後噛んで飲み込むだけに思われがちだが、その後も人体は実に律儀に活動し続けて食物を体に取り込むよう努めている。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の長期間に及ぶ後追い調査の結果において、大人に比べて体の小さな未成年のほうが広まった放射能の有害な影響をより受けやすいことが分かります。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康でも出ることがあるため深刻な心臓の病気ではありませんが、同じような発作が相次いで起きるケースは危ないといえます。

子どもの耳管は、大人のそれと比較すると幅が広く短い形状で、なおかつ水平に近いため、様々な細菌が入り込みやすくなっているのです。大人より子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、この事が関わっています。

胸痛を主訴とする狭心症の外科的な施術では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植術」の両方の技法が活発に実施されています。

季節病ともいわれる花粉症とは、森のスギや檜、松などの飛散するタイプの花粉が因子となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの不快なアレルギー症状を呈する病気として知られています。

タマゴサミン 初回

SNSでもご購読できます。