基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずに…

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずに動かなくても使用してしまうエネルギーのことを指していて、大方を様々な筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・脳の3種類が使うと考えられているようです。

BMI(体重指数を計算する式はどこの国も同じですが、数値の評価基準は国単位で違いがあり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22が標準、25以上だと肥満、BMI18.5未満は低体重と定義しています。

「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「除外すべき」と判断しがちですが、実際は、私たち人は様々なストレスを感知するからこそ、活動することができているのです。

杉の花粉が飛散する頃に、乳幼児が体温は平熱なのにクシャミや鼻水が出続けているような状態なら、もしかしたら杉花粉症の可能性があるかもしれません。

汗疱状湿疹とは主に手のひらや足の裏、指の間などにプツプツとした水疱が出る症状で、大抵はあせもと呼ばれており、足の裏に出てくると足水虫と勘違いされることもあります。

はりを皮膚に刺す、という物理的な程よい無数の刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスという名の要は電気信号の化学伝達を招くと考えられているのです。

耳鳴りは2種類に大別され、本人しか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように本人以外の人にも高品質なマイクロホンを使用したりすると聞くことができるらしい「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

手ごわいインフルエンザに適応した効果的な予防策や治療方法を含めた必須の対処策というものは、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであっても一緒です。

ただの捻挫だろうと自己判断して、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで適当に固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を済ませてから迅速に整形外科を受診することが、早く完治させる近道に繋がります。

酒類に含まれるアルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、辛い宿酔に効果的です。辛い二日酔いの主因物質だと考えられているエタナールという化学物質の無毒化にも力を発揮しています。

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧になってしまうと、体中の血管に強い負担がかかった挙句、体中の様々な場所の血管に障害が起こって、合併症になってしまう蓋然性が拡大するのです。

常識で考えると骨折はしない位のごく小さな力でも、骨の一定の個所だけに何度も繰り返し継続的に力が加わってしまうことにより、骨折してしまうことがあるようです。

チェルノブイリ原発の事故に関する長期間に及ぶ追跡調査の結果では、大人よりも未成年のほうが飛んできた放射能の深刻なダメージを一段と受けやすいことを痛感します。

めまいは無いのに、不快な耳鳴りと難聴の症状をいつまでも繰り返すタイプのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という病名で呼ぶ事例もあるのです。

日光に当たると生成されるビタミンDは、Caが吸収されるのを促進する特徴が知られており、血液中のカルシウム濃度を操って、筋繊維の機能を適切に調節したり、骨を作り出したりします。

タマゴサミン モッピー

SNSでもご購読できます。