基礎代謝(Basal Metabolism)とは人…

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横になっていても燃えてしまうエネルギーのことで、その5割以上を骨格筋・最も大きな臓器である肝臓・脳の3種類が占めているというのが今や常識となっています。

バイキンやウィルスなどの病気を齎す病原微生物、即ち病原体が肺の中に入り込んで発症してしまい、肺自体が炎症反応を見せている境遇を「肺炎」と断定しています。

ストレスが蓄積するシステムや、手軽で有用なストレス対処法など、ストレスに関わる正しい知識を学んでいる人は、さほど多くはありません。

めまいは出ないのに、不快な耳鳴りと難聴のみを数回発症する症例を「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶ事例が多いようです。

自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を保持しない方にも取り扱える医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの手順に沿って行動することで、心室細動に対する応急処置の効き目をみせてくれます。

暴飲暴食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、心身のストレス、老化など複数の素因が集まると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが衰えたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発病することになります。

エネルギーとして瞬時に機能する糖質、人の新陳代謝に必要となる蛋白質など、過度の痩身ではこの2つに代表される様々な活動をキープするために欠かせない成分までも欠乏させる。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の化学物質について、肝臓が持つ解毒酵素の効率的な創造活動を促しているかもしれないという因果関係が明らかになりました。

今、若い世代で感染症の一種である結核に対抗する抵抗力、すなわち免疫力を保有しない人達が増加傾向にあることや、診断が遅れることなどが原因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高いようです。

既に永久歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるまでに悪くなってしまった歯周病は、おそらく病状が治まったとしても、なくなった骨が元の量に再建されることはないのです。

花粉症というものは、森の杉やヒノキ、ヨモギなどの大量に飛散する花粉が因子となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を招く病気だと広く知られています。

HMSの研究によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2~3カップのカフェインレスのコーヒーに変えれば、直腸ガン発病率を約5割も減らせたとのことだ。

毎日の規則正しい、穏やかな生活の保持、腹八分目の実行、無理のない体操など、一見古典的ともいえる体への気配りが皮膚のアンチエイジングにも活用されるということです。

脚気の症状としては、手や脚が無感覚になったり脚の著しいむくみなどがよく訴えられ、症状が進行すると、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全などをもたらすことがあるそうです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに極めて有効です。苦しい二日酔いの誘引物質とされているエチルアルデヒドという物質の分解に力を発揮しています。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。