塩分や脂肪の摂取過多はやめて自分に合った運動に励む…

塩分や脂肪の摂取過多はやめて自分に合った運動に励むだけでなく、ストレスの少ない毎日を続けることが狭心症の元凶となる動脈硬化を未然に防止するポイントです。

食中毒の原因にもなるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒素の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けることができます。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に手足が麻痺したり脚のむくみなどが目立ち、症状が進んでしまうと、最悪の事態では心不全などを呼び込むことがあるそうです。

脳卒中のクモ膜下出血はほとんどが脳動脈りゅうという血管が変形してできる不要なこぶが裂けることが要因となって引き起こされてしまう恐ろしい病気として知られています。

メタボリックであるとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多く溜まる種類の悪い体重過多に陥る事に縁って、いろんな生活習慣病を招きやすくなります。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しに見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度以上の高い発熱が違いです。

内臓脂肪タイプの肥満と診断され、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2個以上相当する健康状態のことを、メタボというのです。

流感、即ちインフルエンザに適応する予防法や医師による処置を含めた原則的な対処策そのものは、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果によって、ワクチンの効果が見込まれるのは、ワクチンを注射した日の14日後からおよそ5カ月間位だろうということが判明しました。

PCの細かなチラつきを和らげるPC専用の眼鏡が今人気を集める理由は、疲れ目の対策にたくさんの方が興味を持っているからです。

年齢を重ねることによる難聴では緩やかに聴力が低下するものの、多くの場合は還暦を過ぎないと耳の衰退をしっかりとは自認できないものです。

汗疱とは主に手の平や足の裏又は指の隙間などに小さな水疱ができる皮膚病で、広くは汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に現れると足水虫と間違う場合が結構あります。

3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引する悪質な物質を体の内部で解毒し、肝臓の力を促す特性が判明しています。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短く、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊すなど、皮膚に悪い影響をもたらしています。

V.B6は、多種多様なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれるエネルギーを活用するために必要となる回路に取り込むためにもっと化学分解することを促す動きもあるのです。

タマゴサミン 薬局

SNSでもご購読できます。