季節病ともいわれる花粉症とは、多く植えられているス…

季節病ともいわれる花粉症とは、多く植えられているスギや檜、松などの大量の花粉が誘因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を呈する病気として知られています。

耳鳴りの種類には本人にしか感じられないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使ってみると感じることができるという「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

30~39才までの間に更年期になったとすれば、医学用語で表現するとPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患を指します(我が国の場合40才以下の女性が閉経してしまう症状をPOF(Premature Ovarian Failure)と呼んでいるのです)。

寝姿を見ることで、人間がセラピードッグのことを愛おしいと思った場合にオキトキシンというホルモンが多く分泌され、ストレスを和らげたり癒しに繋がっているといわれています。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20~30代の男性多く見られる傾向があり、大抵の場合は股間の辺りにのみ広がり、体を動かしたり、入浴した後など身体が熱くなると強烈なかゆみを起こします。

日々繰り返される折り目正しい日常生活の維持、満腹になるまで食べないこと、程よい運動や体操等、古臭いとも言える健康に対する留意が皮膚の老化防止にも役立つといえます。

メタボであるとは言われていなくても、内臓脂肪が多めに付着してしまう手合いの悪質な肥満が確認される事で、あらゆる生活習慣病を起こす可能性が高まります。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が要因で出現する湿疹で、分泌がおかしくなる因子としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの均衡の崩れ、V.B.コンプレックスの慢性的な不足等が大きいと考えられています。

年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さでは時間をかけて聴力が低下するものの、普通還暦を超えないと聞こえの悪化をきちんと自認できないのです。

汗疱(汗疱状湿疹)は主に手の平や足の裏指と指の間などに細かい水疱ができる皮膚病で、基本的には汗疹(あせも)と言われ、足の裏に出来ると水虫と早とちりされる場合が結構あります。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関係する特殊な酵素や、細胞や組織などの代謝に欠かせない酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する物質として外せないミネラルなのです。

ピリドキサールには、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源の利用に欠かせない重要な回路に組み込むため、それ以上に分解することを支える作用もあります。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの膨大な研究結果によって、ワクチンの効果が見通せるのは、ワクチン接種を受けた2週後位からおよそ5カ月程だろうと考えられているようです。

うつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、不眠、憂うつ、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの様々な症状が心身に現れるのです。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、身体のなかの脂肪の溜まっているウェートを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という計算によって把握できます。

タマゴサミン 知恵袋

SNSでもご購読できます。