平成17年より新しく全てのトクホの入れ物において「…

平成17年より新しく全てのトクホの入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との文章の明示が義務となった。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、1週間も服薬すれば、原則的に9割近くの人の自覚症状はゼロになりますが、かといって食道の粘膜の発赤や炎症が癒えたとは言い切れません。

耳鳴りは2種類に大別され、当事者しか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者以外にも高性能のマイクロホンなどを使ってみると響いてくるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。

今時の手術室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を用意させ、オペ中に患者を撮影できるX線装置を備え付けるか、付近にその専門室を準備するのが慣例である。

世間では水虫といえばまず足を連想し、中でも足指の間にみられる病気だと勘違いされやすいのですが、白癬菌にかかるのは決して足しかないわけではなく、体中どこにでもうつってしまうという恐れがあるので気を付けましょう。

近年患者数が増加している花粉症とは、森林のスギやヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が原因となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を齎す病気だといえます。

流行性感冒、即ちインフルエンザに適応する予防策や医師による治療といった類の必ず行われる措置というものは、季節性のインフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)の血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったことにより、結果として膵臓から大半のインスリンが出なくなって発病するという自己免疫性の糖尿病なのです。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの研究結果から、注射の効果が見通せるのは、注射した日の約2週後から5カ月間程度だろうと考えられているようです。

人の耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分かれていますが、中耳の辺りに黴菌やウィルスなどが付き、炎症になったり、体液が溜まる病気が中耳炎というわけです。

高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、体中の血管に大きなダメージがかかり、体中至る所の様々な場所の血管に障害が発生して、合併症を起こす見込が高くなるのです。

子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較して幅が広くて短めの形であり、尚且つほぼ水平になっているため、雑菌が潜り込みやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎になりやすいのは、この構造が関係しています。

明るくない所だと光量が不足するのでものが見辛くなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、眼のレンズのピントを合わせるのに不必要なパワーが利用され、光の入る場所でモノを眺めるよりも疲労が大きくなるのです。

黴菌やウィルスなどの病気を招く病原微生物が口から肺へ進入し罹患してしまい、肺全体が炎症反応を起こしている状況を「肺炎」と断定しています。

鍼灸用のハリを患部に刺してもらう、というフィジカルな多数の刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名のいわば電気信号の伝達をもたらすという見解が一般的です。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。