平成17年以後全てのトクホの外観には「食生活は主食…

平成17年以後全てのトクホの外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の言葉の印字が食品メーカーに義務付けられている。

アルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、苦しい宿酔に極めて効果的です。辛い二日酔いの因子とみられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質の分解に力を発揮しているのです。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層で一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を壊したりして、肌にとって悪い影響をもたらしています。

不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても現れることがあるので難しい疾病とは限らないのですが、例外として発作が絶え間なくみられる場合は危ないといえます。

脚気(かっけ)の症状としては、主に手や足が無感覚になったり脚の著しい浮腫などが典型で、発症から時間が経ってしまうと、最悪の事態では呼吸困難に至る心不全なども呼び込むことがあるようです。

気分障害のうつ病は脳内の神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、憂うつ感、不眠、著しい疲労感、食欲の低下、体重減少、強い焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が見られます。

音楽の公演の開催される場内やクラブなどに置かれている大型スピーカーのすぐ近くで爆音を浴び続けて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言っています。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、約1週間薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は消え去りますが、かといって食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に治癒したことを意味しないので留意してください。

鍼灸用の針を気になる所に刺してもらう、という物的な幾多の刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスと言われている要は電気信号伝達を発生させるという考えが浸透しています。

吐血と喀血は両方とも口腔からの出血ですが、喀血とは喉から肺をつないでいる気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血というのは十二指腸より上部にある消化管から血が出る病状を表します。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると環状、所謂まるい形をした赤っぽい湿疹など皮ふ疾患の総合的な病名で、その誘因は全くもって多種多彩だといえるでしょう。

暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、人間関係などのストレス、高齢化などの複数の誘因が絡むと、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するといわれています。

もしも検査で予想通りエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値を下回っていて早発閉経(早期閉経)だと判明した場合、不足している女性ホルモンを補てんする治療等で改善できます。

杉の木の花粉が飛散する時節に、乳幼児が発熱はしていないのに頻繁にクシャミをしたり鼻水が止まないような状態なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。

子供の耳管の作りは、大人に比べると幅が広く短めの形であり、加えてほぼ水平になっているため、様々なばい菌が入り込みやすくなっています。小さな子供がよく急性中耳炎になるのは、この構造が関係しています。

タマゴサミン 会社

SNSでもご購読できます。