年々患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達…

年々患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質のセロトニンが足りず、不眠、強い憂うつ感、著しい倦怠感、食欲の低下、体重減少、焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の症状が2週間以上続くのです。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気でなくても出現することがあるためさほど深刻な病とは限らないのですが、発作が幾度も次から次へとみられる場合は危ないといえます。

めまいが起こらず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の症状のみを何回も発症するパターンを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で診断する事例も多いそうです。

亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に欠かせない様々な酵素や、細胞・組織の再生に必要な酵素など、200種類以上ある酵素の構築成分として大切なミネラルの一つなのです。

チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ後追い調査のデータでは、大人に比べて若い子どものほうが飛散した放射能の悪影響をより受けやすいことが分かるのです。

下が90以上の高血圧が継続すると、体中の血管に重いダメージが与えられ、身体中のあちらこちらの血管にトラブルが生じて、合併症を招いてしまう度合いが大きくなります。

汗疱(汗疱状湿疹)は掌や足の裏、または指と指の間などに小さな水疱がみられる病状で、普通はあせもと言われており、足裏に出ると水虫と間違われることが多くあります。

「時間がない」「無駄な人との付き合いが嫌でしょうがない」「テクノロジーや情報の進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスがのしかかる主因は一人一人異なります。

筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩こり、首の凝りが素因の最も一般的な頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「ズドーンと重苦しいような耐え難い痛みと言われます。

ピリドキサールは、色々なアミノ酸をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するために必要な回路へ入れるためにもう一度細分化するのを促す機能もあります。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保持しない普通の人にも扱うことのできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスが指示してくれる通りにおこなうことで、心臓が細かく震える心室細動の処置の効き目を患者にもたらします。

骨を折ってひどく出血してしまった状態では、急に血圧が下がって眩暈やふらつき、冷や汗、吐き気、失神などの不快な脳貧血が見られることもよくあります。

食事という行動は、食べようと思った物をなんとなく口に運んで何度か咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後も身体はまことに律儀に動き続けて異物を身体に取り込むよう励んでいる。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことにより、膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなることで発病する自己免疫性のタイプの糖尿病です。

耳の内部の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分けることができますが、この中耳のところに細菌やウィルスが感染することで炎症が発生したり、体液が溜まる症状を中耳炎と言います。

タマゴサミン

SNSでもご購読できます。