急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番症例…

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番症例の多い中耳炎で比較的小さな子供によく起こる病気です。激しい耳の痛みや38度台の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などの色々な症状が出現します。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、細胞の新陳代謝に必要となるタンパク質など、激しい痩身ではこのように活動を確保するために必ず要る栄養素までもを減少させている。

ハーバード医科大学の調べによると、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上カフェインレスのコーヒーに変えることで、直腸癌の発症する確率を約52%減少させることができたとのことだ。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みの防御、様々な分泌物質の覚醒などを支配しており、うつ病(単極性気分障害)に罹患している人は作用が弱体化していることが科学的に判明している。

ピリドキサールは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに必要な回路へ取り込むために再度細分化することを促す作用もあると言われています。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、3~4日くらいきちんと処方薬を飲めば、原則として約90%の患者さんの自覚症状はゼロになりますが、かといって食道の粘膜の炎症反応そのものが根治したことを意味しないのです。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になった後に市場に出回って、新薬とまったく同じ成分で経済的な負荷が少ない(薬の価格が少額の)後発医薬品のことを意味しています。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いのでオゾン層を通過する際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、皮ふに悪影響をもたらすことになります。

脚気(かっけ)の症状としては、手や脚がマヒしたり脚のむくみなどがよく起こり、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全も発症することがあります。

従来の生ワクチンに代わって、2012年9月1日より原則無料で受けることのできる定期接種となるので、小児科などの医療機関で接種するという個別接種の形になりました。

脂溶性のビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを助けるという機能が有名であり、血中のCa濃度を操作して、筋肉の機能を適切に操ったり、骨を生成してくれます。

耳の奥の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分かれていますが、この中耳の近くに様々なばい菌やウィルスなどが感染し、炎症になったり、体液が滞留する病気が中耳炎というわけです。

トコトリエノールの効果としては抗酸化効果が一番認識されていると思いますが、それ以外に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが知られています。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康な人にも症状が発生することがあるのでさほど逼迫した病でないとはいえ、例外として発作が再三みられる場合は危険だといえるでしょう。

普通ならば骨折は起こさない位の弱い圧力でも、骨の決まったポイントに複数回にわたって持続的に力が加わることで、骨折が生じてしまうことがあるので気を付けなければいけません。

タマゴサミンなび

SNSでもご購読できます。